スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アラビア語スタート!

2010.04.04.20:26

NHKテレビテレビでアラビア語 2010年度―アラビア語の扉をあけよう! (語学シリーズ NHKテレビテキスト)NHKテレビテレビでアラビア語 2010年度―アラビア語の扉をあけよう! (語学シリーズ NHKテレビテキスト)
(2010/03)
不明

商品詳細を見る


買ってしまいました! テレビ・アラビア語テキスト! 4月は、新しい外国語を始めたくなるものですよね(笑)

多言語が趣味の人なら、一度はアラビア語にトライし、そして挫折した経験はお持ちだと思います(^_^; やはり、独習書だけの入門は、なかなか厳しいです~ フランス語をやった人がイタリア語をする、ならまあそんなこともできますが、アラビア語のように単語も文法もまったく体系が違うのは大変です。自信があるわけではありませんが、テレビなのでなんとか大丈夫か・・ということですが、実は、第一回の録画はまだ見ておりません(笑) 録画ばかりがたまっていかないようにしないとですね。

電子辞書の追加コンテンツでマルチリンガル辞書に

2010.01.28.22:21

カシオのXD-GF10000という、かなりお高い電子辞書を持ってます。ランダムハウス英和とか、コンテンツが充実しているので、思い切って買ってみました。



今日はこれに、追加コンテンツを入れました。小学館の伊和中辞典と和伊です。



あとこれに、中国語と韓国語のコンテンツを入れようと思ってます。フランス語はどうするか。フランス語を使う機会はあまりないのですが、電子辞書はないですからね。「ロワイヤル」を入れておきますか。



まあ、伊和だってあんまり使う機会はないのですが、これから読解力をもう少し養成したいという思いがあります。たとえばハリー・ポッターのイタリア語版なんかでもいいかと思います。



ドイツ語は、かなり前、独和・和独のある電子辞書が出たときにすぐ買いました。それがあるので、GF10000に追加する必要はないんですが、一台に集約してマルチリンガル辞書をめざしてしまう、という気分もないことはないですね。しかし、カシオのコンテンツで出てるのがクラウン独和なので、持ってるのと同じだというのが問題です。

白水社 ~~語のしくみシリーズ

2010.01.14.00:22

というわけで、黒田龍之助氏が誘導するのは白水社の「~~語のしくみ」シリーズですね。まさに、何の必要もないけど、言語観を広げるのが面白いから、いろいろな言葉を「かじってみる」という趣味の人のための企画です。しかし、そういう人は相当いるっていうことですよね。黒田氏エッセイの読者層だってそうなんでしょうし。(それにしても黒田氏は、大学をやめたようですが、文筆とフリーランス外国語教師で食っていけるものなのでしょうか?)



近所の図書館にも「~~語のしくみ」シリーズが入っているので、読んでみたいな~ とは思ってます。CDつきというのもけっこうなところです。



今までほとんどよく知らない言語で、このシリーズにあるのはいずれは読もうと思ってます。それをあげますと、



モンゴル語、ハンガリー語、フィリピノ語、バスク語、トルコ語、スワヒリ語、フィンランド語、ベトナム語、インドネシア語



があります。ヨーロッパ語系はひとまずもういいでしょうね。今までにフランス語、ドイツ語、スペイン語、イタリア語、ロシア語とやりましたから。屈折語タイプじゃないものに興味があります。



当然、アラビア語、タイ語、ヒンディー語などが入っているべきでしょうが、たぶん、続刊があるのでしょう。世の中にこういう趣味の人が多いことを知るとなんか楽しいですね。

ラジオ・ジャパンからドイツ語とフランス語の比較

2010.01.04.22:00

NHKのラジオ・ジャパンという海外放送のサイトで、ニュース音声とスクリプトが同時に手に入るんですね。残念ながらドイツ語はなくて、ヨーロッパ語はフランス語・スペイン語・ポルトガル語・ロシア語などですね。フランス語の素材はここで入手できそうです。ドイツ語のは、Deutsche Welleのサイトにあるんですが、このドイツ語は私にはむずかしいですね。



フランス語とドイツ語を比較すると、ある程度まで来るとフランス語の方がずっと簡単になります。どうしてかというと少し高度な単語はほとんど英語と共通しているので(というか、英語がみなフランス語から借用している)、あるところまで行くとぐっと楽になってくるんです。これに比べてドイツ語は語彙の共通性が少ないので、中級以上の内容になるとなかなかわからない単語が減りません。読めるようになるのはどちらが楽かといえばフランス語になるでしょうね。
プロフィール

SH

Author:SH
東京大学大学院総合文化研究科出身。現在、地方の公立大学教授。第二言語習得研究・音声学等の知識をもとに25年以上にわたり英語教育に携わる。
TOEIC990点。
英語のほかいろいろな言語をやってみました。フランス語・ドイツ語・中国語も本を読むことはできます。現在は中国語とロシア語を学習中で、自分の外国語学習理論による多言語習得をめざしています。ハングル能力検定3級合格。

このブログのコメントは承認制にさせていただいています。コメントの掲載については管理者にご一任ください。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
 
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。