スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国語これからの予定

2011.08.03.01:02

学習法として、基本的に、「オーセンティックな教材に手が届くようになれば教材に苦労はしなくなる」ということがあります。つまり何でも選べるし、楽しみながらできるのです。そこにいくまでにどうするかです。
韓国語の場合はとりあえずアルクの『韓国語ジャーナル』が読めるようになるレベルをめざせばいいことになりますね。
文法書を速読して復習したら(たぶん知らないのもあるでしょうが)、やさしめの韓国語で書かれた日本語訳つきのテキスト(できればCDつき)をたくさんこなしていき、そのかたわら自分の言いたいことをどんどん韓国語に直してみる、というやり方をとるつもりです。そのために『小学館日韓辞典』も買ってしまいましょう。
ただこれは趣味なので、本業の英語の方が忙しくなるといつでも中断いたします(笑)
関連記事
プロフィール

SH

Author:SH
東京大学大学院総合文化研究科出身。現在、地方の公立大学教授。第二言語習得研究・音声学等の知識をもとに25年以上にわたり英語教育に携わる。
TOEIC990点。
英語のほかいろいろな言語をやってみました。フランス語・ドイツ語・中国語も本を読むことはできます。現在は中国語とロシア語を学習中で、自分の外国語学習理論による多言語習得をめざしています。ハングル能力検定3級合格。

このブログのコメントは承認制にさせていただいています。コメントの掲載については管理者にご一任ください。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
 
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。