スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新TOEICテスト リスニング問題を鬼のように特訓するソフト

2011.06.08.23:25

TOEICのリスニング練習ソフトってのを買ってみましたが、これはなかなかいいですよ~
問題も分析もほかの本にひけをとらないと思いますし、本より断然わかりやすい! パート3と4の先読みも練習できるなど、よくできています。
アマゾンのレビューでは、発音がネイティブじゃないみたいなどと書いてあるのがありますが、それはよくわからない人の意見で、決してそんなことはないです。

パート5にフォーカスしたソフトもあるようですが、私はパート5は得意なのでそれは不要です。ですがたぶん必要な人にはそれもおすすめになることでしょう。

新TOEICテスト リスニング問題を鬼のように特訓するソフト!新TOEICテスト リスニング問題を鬼のように特訓するソフト!
(2009/07/17)
Array

商品詳細を見る


追記
このソフトの発音が「なまっている」という意見についてですが、
私は、これを発音している人がネイティブであることを疑ってはいません。このように発音するネイティブはいくらもいます。ですから「外人みたいじゃない」という意見はおかしいと言ったのです。
ただ、TOEICの実際のナレーターと同じ発音かといえば、それはもちろん多少は違います。しかしそれは、公式問題集ではない限りある程度はしようがないと思います。その点では、公式ではない教材としてはこのソフトの発音はまあ許容範囲というかましな方です。はっきりいえばイクフン本の方がよっぽど公式のナレーターとのずれは大きいです。「なまっている」という表現は、何をもって標準とするかによって変わってきますね。私はあくまでネイティブとして著しいなまりはないと思います。つまり公式とまったく同じではないがこれは「標準発音」の範囲内にあるものだと判断します。
このソフトの英語が聞き取れないのなら、そういう英語力は実用にならないです。

追記2
パート3を聞いてみて、特にイギリスの女性の英語が「クセが強い」と感じる人がいるかもしれませんね。しかしこれはイギリスではきわめて普通にある発音ですよ。これを非ネイティブだと思ってしまう人というのは要するにイギリス英語に慣れていないのでは? と思います。アメリカ英語によるきれいな発音の教材だけ聞いていると違和感がありますが、TOEICにイギリス英語が入ったのも英語にいろいろあるのに慣れろ、という趣旨でしょうからね。

関連記事
プロフィール

SH

Author:SH
東京大学大学院総合文化研究科出身。現在、地方の公立大学教授。第二言語習得研究・音声学等の知識をもとに25年以上にわたり英語教育に携わる。
TOEIC990点。
英語のほかいろいろな言語をやってみました。フランス語・ドイツ語・中国語も本を読むことはできます。現在は中国語とロシア語を学習中で、自分の外国語学習理論による多言語習得をめざしています。ハングル能力検定3級合格。

このブログのコメントは承認制にさせていただいています。コメントの掲載については管理者にご一任ください。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
 
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。