スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アジア英語

2010.12.20.21:32

こういう本を読んでみました。

アジアをつなぐ英語―英語の新しい国際的役割 (アルク新書 (14))アジアをつなぐ英語―英語の新しい国際的役割 (アルク新書 (14))
(1999/04)
本名 信行

商品詳細を見る


アジアの英語事情を書いている本で、ネイティブ志向の日本の英語教育に疑問を呈しています。
なかなか、考えさせられました。

たしかに多様な英語があります。そこで、教育に関して言えば特に発音において、どのへんに標準をおけばいいのかむずかしいところがあります。
著者は、あくまでいちおう英米のスタンダードは教えるけれども、結果としてできなくてもいい、ということを言っています。

靜先生の発音本にも「ノンネイティブとしての標準」という考えが入っていることはわかりました。ただ、それがかなり高いレベル(英米の標準に近い)ものではありますが・・ たとえば母音での「R化」は無視してよい、などですね。

日本でのネイティブ崇拝はすごいですね。英語学習本のタイトルには「ネイティブ」の文字が躍りますし、英会話学校もネイティブ志向です。それも、アングロサクソン系であることが求められたりするのが現実です。オンラインスクールでもネイティブの授業はフィリピン人なんかの何倍も高いですし。

「英語の映画が字幕なしでわかる」のをめざすのだって考えてみればネイティブ信仰かもしれません。これは、ネイティブのきわめて日常的な言い回しをたくさん覚えてないとわからないのですが、そういう勉強をしても、ノンネイティブと話す場合には何の役にも立ちません。つまりネイティブ英語とはそれ自身、かなりローカルな英語なのです。世界にいろいろあるローカルな英語の一つなのですね。ですから、どうしてもそれとつきあう必要のある人だけがやればいいものであるのです。国際的な実用語として英語を学ぶ分には、洋画がわかるなんてのはまったく必要のないことです。講演みたいなのはわかってもネイティブどうしの会話はよくわからないというのはきわめてあたりまえのことなので、それでいいのです。その国で生活しなきゃいけないという時に習うものです。

それにひきかえ「中国人と英語で話すための本」とか「インドにおけるビジネス英語を学ぶコース」なんてものはまったく存在しませんね。

とはいっても・・・とはいっても、日本の英語教育に音声面がかなり欠落していることもたしかに事実なのです。
日本英語といいとは言っても、どこまで教えるのか、なかなか標準のとり方がむずかしいです。

この本にはアジアの英語教育事情も出ていますが、リーディング重視のところが多いということでした。
やはり、情報を取り入れることが重要と見なされているのでしょうかね。
関連記事
プロフィール

SH

Author:SH
東京大学大学院総合文化研究科出身。現在、地方の公立大学教授。第二言語習得研究・音声学等の知識をもとに25年以上にわたり英語教育に携わる。
TOEIC990点。
英語のほかいろいろな言語をやってみました。フランス語・ドイツ語・中国語も本を読むことはできます。現在は中国語とロシア語を学習中で、自分の外国語学習理論による多言語習得をめざしています。ハングル能力検定3級合格。

このブログのコメントは承認制にさせていただいています。コメントの掲載については管理者にご一任ください。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
 
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。