スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第二言語習得論入門書リスト

2010.11.26.11:13

旧ブログから始まってあっちこっちに散らばっている、第二言語習得についての読みやすい本をまとめてみます。

外国語学習の科学―第二言語習得論とは何か (岩波新書)外国語学習の科学―第二言語習得論とは何か (岩波新書)
(2008/09/19)
白井 恭弘

商品詳細を見る

こちらが基本となりますね。


外国語学習に成功する人、しない人―第二言語習得論への招待 (岩波科学ライブラリー)外国語学習に成功する人、しない人―第二言語習得論への招待 (岩波科学ライブラリー)
(2004/10)
白井 恭弘

商品詳細を見る

こちらはかなり薄いので読みやすいです。巻末に、著者のおすすめ学習法も出ていますね。


英語を学ぶ人・教える人のために―「話せる」のメカニズム英語を学ぶ人・教える人のために―「話せる」のメカニズム
(2006/04)
羽藤 由美

商品詳細を見る

わかりやすくまとまっています。
個人的には、外国語学習にかかる「時間」を指摘しているのが貴重ではないかと思います。


日本語を教えるための第二言語習得論入門日本語を教えるための第二言語習得論入門
(2010/06/01)
大関 浩美

商品詳細を見る

日本語教育の授業用ですが、ほかの言語についても妥当します。やさしいです。


日本語教師のための新しい言語習得概論日本語教師のための新しい言語習得概論
(2004/11)
小柳 かおる

商品詳細を見る

同じく日本語教育のテキストとして書かれていますが、上の本より詳しいです。最初に読む本ではないですね。


SLA研究入門 - 第二言語の処理・習得研究のすすめ方SLA研究入門 - 第二言語の処理・習得研究のすすめ方
(2010/08/20)
門田修平

商品詳細を見る

これはまだ読んでいないので、近々読んでみるつもりです。
追記: 借りました。これは、タイトル通りで、実際に卒論を書いたり、大学院で勉強しようという人のための「研究方法入門」の本でした。この記事であげてある入門書とは全く違うので、まちがって買わないようにしましょう。


こういった本をまったく読まずに、英語教育についていろいろ言ってみても、それは uninformed opinion というものです。
現実的に多くの人は、外国語の学習というものについて、数学や歴史などのような勉強と同じもののように理解しており、外国語はそういう「ふつうの学科」とは違う習得メカニズムがあるという事実に気づいていません。
関連記事
プロフィール

SH

Author:SH
東京大学大学院総合文化研究科出身。現在、地方の公立大学教授。第二言語習得研究・音声学等の知識をもとに25年以上にわたり英語教育に携わる。
TOEIC990点。
英語のほかいろいろな言語をやってみました。フランス語・ドイツ語・中国語も本を読むことはできます。現在は中国語とロシア語を学習中で、自分の外国語学習理論による多言語習得をめざしています。ハングル能力検定3級合格。

このブログのコメントは承認制にさせていただいています。コメントの掲載については管理者にご一任ください。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
 
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。