スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英文法学習のおすすめコース・おすすめ本紹介

2010.07.01.19:48

というわけで、英文法学習のおすすめとしてましては(大人がゼロから復習することを想定しまして)

とりあえず、欠点はありつつも、『基本にカエル英語の本 英文法入門』をレベル1~3まで通読。覚えなくて良いので、とにかく読み通す。
次に、くもんから出ている『スーパーステップ 中学英文法』も通読。

そのあと、Basic Grammar in Use です。全部英語ですが、ワークブック形式になっているので、ひたすら埋める。

で、それから機会をみて、大西泰斗さんの『ハート感じる英文法』のDVDをみる、そして、できればその続編の『会話編』と『英語塾』も。
またできたら田中茂範さんの『キーワードで英会話』のDVDもみる。もし理解できるなら『チャンク英文法』。

これによってイメージ的に文法をとらえる目ができます。それからもう一冊、大西さんの『ネイティブスピーカーの英文法絶対基礎力』もおすすめします。

辞典は『エクスプレスEゲイト』か『Eゲイト』を買いましょう。コアイメージの解説が載っています。

田中さんの『イメージでわかる単語帳』と、大西さんの『英単語イメージハンドブック』を買いましょう。基本単語のイメージ理解は文法の理解にも役立ちますし、大西さんのは文法事項のコアイメージも出てますよ。

たとえば現在完了のイメージは have という動詞のコアイメージと密接に関連しているわけです。

こういうイメージ的なところをしっかり教えないといけないと思いましたが、今のところこういうイメージからの文法本は、大人向きに限られており、中高生、本当の初心者を対象にしたものはありません。

やはり学校英語が変わらないと根本的には駄目なのですが・・イメージ的な解説を入れていくというのは今の枠組でもすぐできることなので、現役の先生は検討してもらいたいものです。
関連記事
プロフィール

SH

Author:SH
東京大学大学院総合文化研究科出身。現在、地方の公立大学教授。第二言語習得研究・音声学等の知識をもとに25年以上にわたり英語教育に携わる。
TOEIC990点。
英語のほかいろいろな言語をやってみました。フランス語・ドイツ語・中国語も本を読むことはできます。現在は中国語とロシア語を学習中で、自分の外国語学習理論による多言語習得をめざしています。ハングル能力検定3級合格。

このブログのコメントは承認制にさせていただいています。コメントの掲載については管理者にご一任ください。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
 
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。