スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナマった英語のリスニング

2010.04.03.09:18

ナマった英語のリスニング―English around the Worldナマった英語のリスニング―English around the World
(2004/10)
中谷 美佐森川 尋美

商品詳細を見る


このFC2ブログは、本のレビューが書きやすくていいですね~
前のアルクブログは、紹介した本のアマゾンリンクからの紹介料が全部アルクに入るというとんでもないシステムだったので、それが引っ越した理由の一つでもあります(笑)

それはともかく、最近、なかなか面白いな~ と思ったのがこの本です。
タイトル通り、いろんな英語が聞ける本です。
リストアップすれば、ボストン、ニューヨーク(ブルックリン)、ニューヨーク(バッファロー)、シカゴ、ニューオリンズ、カリフォルニア、ブリティッシュ、オーストラリア、非ネイティブ編はスペイン、ドイツ、ロシア、ブルガリア、ペルシア、ヒンディー、韓国語の母語話者です。非ネイティブ編では、母語からくるアクセントだけでなく単純に英語のうまいへたという問題もあるようにも思いましたが、それはまあいいでしょう。

この人選は、サンフランシスコで、著者の人脈から探してきているようなので、欲を言えば他に入れてほしいものがあります。たとえば、アメリカのアフリカ系の英語、ヒスパニックの英語や、イギリスやアイルランドの各地方の発音、中国人、アフリカ人、アラブ人などで、あと日本人英語も入れれば対比がよくわかってもっと面白いでしょう。

で、私はやっぱりカリフォルニアがいちばん聞きやすいですね。アメリカ英語の標準としてよく耳にするのはこの発音なのだ、とあらためて認識しました。
関連記事

theme : 英語・英会話学習
genre : 学校・教育

プロフィール

SH

Author:SH
東京大学大学院総合文化研究科出身。現在、地方の公立大学教授。第二言語習得研究・音声学等の知識をもとに25年以上にわたり英語教育に携わる。
TOEIC990点。
英語のほかいろいろな言語をやってみました。フランス語・ドイツ語・中国語も本を読むことはできます。現在は中国語とロシア語を学習中で、自分の外国語学習理論による多言語習得をめざしています。ハングル能力検定3級合格。

このブログのコメントは承認制にさせていただいています。コメントの掲載については管理者にご一任ください。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
 
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。