スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

教室での音源提示に Bluetooth

2014.04.13.00:36

今年度から、教室での音源の提示にBluetoothのスピーカーを使ってみることにしました。
というのも、使う本が何冊もあり、したがってCDが複数枚ある上に、MP3の音源も最近は出てきてます。
CDプレーヤーを使うと入れ替えが面倒です。語学のCDはトラック数が大変多くなるものが多いので、ラジカセ型など、テンキーのあるリモコンがついてないタイプではつらいです。

ネットブックなどの安いパソコンを使ってみたこともあるのですが、これはとにかく・・起動が遅い。これはPCの避けがたい欠点ですね。ハングアップもわりとしやすいのです。

そこで・・タブレットのNEXUS7を導入、これにBluetoothのスピーカーという組み合わせを試してみました。
慣れてくると、タブレットは音源の選択がとても楽でよろしいです。
ただ、Bluetoothの癖なのか、接続してすぐは安定しないことがあります。これが課題ですね。始まる前に音楽でも流して慣らしておく、などやってみていますが・・

タブレットなので辞書も入れておけます。

Android端末では、標準の音楽プレーヤーではなくて、Maple というアプリを使います。これは、再生速度を変えることができます。これは語学学習にとって必須の機能。AB間リピートもあります。ただ、「ちょっとだけ前に戻る」というクイックリプレイの機能があるとさらによかった。しかしスライドバーで動かせるので致命的な問題ではありません。なお、再生速度を変えたりするのはデフォルトではだめで、数百円出してアップグレードする必要があります。

iOSの端末では All-in-One というアプリがあるそうです。

こういうわけで、Bluetoothの接続が安定するなら、タブレットの使用が今のところベストではないかと思われます。

スピーカーはこちら。電池駆動ができるので、コードの取り回しがなくすっきりできるのもよいです。音量的にはよっぽど大教室でなければ問題なし。


Creative D100 ワイヤレス スピーカー ブラック Bluetooth SP-D100Creative D100 ワイヤレス スピーカー ブラック Bluetooth SP-D100
(2010/06/26)
クリエイティブ・メディア

商品詳細を見る
関連記事
プロフィール

SH

Author:SH
東京大学大学院総合文化研究科出身。現在、地方の公立大学教授。第二言語習得研究・音声学等の知識をもとに25年以上にわたり英語教育に携わる。
TOEIC990点。
英語のほかいろいろな言語をやってみました。フランス語・ドイツ語・中国語も本を読むことはできます。現在は中国語とロシア語を学習中で、自分の外国語学習理論による多言語習得をめざしています。ハングル能力検定3級合格。

このブログのコメントは承認制にさせていただいています。コメントの掲載については管理者にご一任ください。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
 
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。