スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

文法書だけで英文法はマスターできない その2

2013.09.16.17:20

前にもそういう記事を書きました。
しかし、中学高校で文法偏重的な考え方がしみこんでしまって抜けられない人も多いようです。

やりなおし英語本についてこの間書きまして、『NHK CD BOOK 基礎英語』などを紹介しましたが、
「英文法をしっかりマスターしてからこういう本の音読に取り組んだ方がいいのでしょうか」という質問があったりします。
英語を「ちゃんとやること」=「文法を完璧にする」という思考パターンがしっかりと入ってしまっていますね。

ですから、「文法書だけで文法はマスターできない」と書いたわけです。
音読などの学習をする前に「英文法をしっかりマスターする」という日は永遠に訪れません。
そもそも、文法書で文法はマスターできないからです。

ではなぜ文法書を読んでおくのかというか、「全体のしくみを何となくわかっておく」という、全体のイメージを得るためなのです。
ですので文法書を読んでも英文法の半分かせいぜい60%くらいしかわかってこないかもしれませんが、とりあえず文法書はそれ以上に追求せず、リーダー的な本の学習に取り組み(リスニングや音読、シャドーイングをやるという意味ですよ)、ある程度やったところでもう一度その文法書を読んでみると今度は理解度が増した・・という感じで使うのです。
文法書をまず100%にして次に進もう、というのはかなりまちがった学習法と言えます。SLAの観点からしてですね。
ドリル的なもので文法を完璧にして・・という今までの学校のやり方を繰り返す必要はありません。
それは、テストをして点数をつけねばならないシステムだから、点をつけやすいように教えているにすぎません。
それが最高最善の教え方というわけではないのです。

学校英語の呪縛から離れることをおすすめします。
関連記事
プロフィール

SH

Author:SH
東京大学大学院総合文化研究科出身。現在、地方の公立大学教授。第二言語習得研究・音声学等の知識をもとに25年以上にわたり英語教育に携わる。
TOEIC990点。
英語のほかいろいろな言語をやってみました。フランス語・ドイツ語・中国語も本を読むことはできます。現在は中国語とロシア語を学習中で、自分の外国語学習理論による多言語習得をめざしています。ハングル能力検定3級合格。

このブログのコメントは承認制にさせていただいています。コメントの掲載については管理者にご一任ください。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
 
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。