スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『英文法をこわす』

2010.01.04.21:38

大西さんの本はすごくたくさんありますね。私はまだ2冊くらいしかないんですが、とりあえず図書館にあったので借りてみました。

なんか、語り口が熱いですね(^^; 旧来の文法にかわる体系を樹立してやろうという気迫が出てますが、もちろんなかなかそこまではいきません。



こういう英語のイメージっていうのは、ある程度以上に達した人なら誰もわかっていることだと思うんですね。ただその、漠然たるものをできるだけ言葉で表現したということが新しい。表現できるってことは人に教えられるってことでもあります。



もちろんこれを読んだからといって英語がすぐできるようになるわけじゃなくって、実際に多くの英語にあたってみるという過程で定着するわけですけど、よりシンプルな説明のしかたがあるという提示は、貴重なものと思います。英語教師が読むべき本かもしれません。



他の本とかぶる内容が多いので、彼の本を片っ端から買うというのはためらわれるんですけど(^^; まずはもっと借りてみようと思います。



他の本よりこれはちょっとむずかしい感じですね。私は『ハートで感じる』シリーズをまだ見ていないので、それを今度読むつもりです。


英文法をこわす―感覚による再構築 (NHKブックス)英文法をこわす―感覚による再構築 (NHKブックス)
(2003/01)
大西 泰斗

商品詳細を見る

関連記事

comment

Secret

プロフィール

SH

Author:SH
東京大学大学院総合文化研究科出身。現在、地方の公立大学教授。第二言語習得研究・音声学等の知識をもとに25年以上にわたり英語教育に携わる。
TOEIC990点。
英語のほかいろいろな言語をやってみました。フランス語・ドイツ語・中国語も本を読むことはできます。現在は中国語とロシア語を学習中で、自分の外国語学習理論による多言語習得をめざしています。ハングル能力検定3級合格。

このブログのコメントは承認制にさせていただいています。コメントの掲載については管理者にご一任ください。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
 
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。