スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラジオ・ジャパンからドイツ語とフランス語の比較

2010.01.04.22:00

NHKのラジオ・ジャパンという海外放送のサイトで、ニュース音声とスクリプトが同時に手に入るんですね。残念ながらドイツ語はなくて、ヨーロッパ語はフランス語・スペイン語・ポルトガル語・ロシア語などですね。フランス語の素材はここで入手できそうです。ドイツ語のは、Deutsche Welleのサイトにあるんですが、このドイツ語は私にはむずかしいですね。



フランス語とドイツ語を比較すると、ある程度まで来るとフランス語の方がずっと簡単になります。どうしてかというと少し高度な単語はほとんど英語と共通しているので(というか、英語がみなフランス語から借用している)、あるところまで行くとぐっと楽になってくるんです。これに比べてドイツ語は語彙の共通性が少ないので、中級以上の内容になるとなかなかわからない単語が減りません。読めるようになるのはどちらが楽かといえばフランス語になるでしょうね。
関連記事

comment

Secret

プロフィール

SH

Author:SH
東京大学大学院総合文化研究科出身。現在、地方の公立大学教授。第二言語習得研究・音声学等の知識をもとに25年以上にわたり英語教育に携わる。
TOEIC990点。
英語のほかいろいろな言語をやってみました。フランス語・ドイツ語・中国語も本を読むことはできます。現在は中国語とロシア語を学習中で、自分の外国語学習理論による多言語習得をめざしています。ハングル能力検定3級合格。

このブログのコメントは承認制にさせていただいています。コメントの掲載については管理者にご一任ください。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
 
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。