スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『音声学概説』を買う

2010.06.01.00:44

音声学概説音声学概説
(1999/11)
ピーター ラディフォギッド

商品詳細を見る


ついに買いましたよ。音声学の定番的な教科書とされているものですね。むずかしいのかと思ったら、意外と読みやすいです。まだ、最初のところだけですが。ただ、英語をモデルにして音声学概念を導入しているので、英語音声学をやってない人にはむずかしいです(英語のネイティブならば予備知識なしに読めるのでしょうが)。

あと、キャットフォードの『実践音声学入門』もオーダーしました。文献リストにはこの二冊はたいてい出てきますね。

あと私は、今までちょっといい加減にしていた、発音の米英の違いとか、イギリス発音をもう少し踏み込んで勉強するとか、そういうのをちゃんとしてみたいと思います。あと、発音の指導法についても調べてみたいですね。

それと目標としては、TOEIC990点の獲得です(笑) これはむしろ一つの出発点であるような気がしますね。
関連記事

comment

Secret

プロフィール

SH

Author:SH
東京大学大学院総合文化研究科出身。現在、地方の公立大学教授。第二言語習得研究・音声学等の知識をもとに25年以上にわたり英語教育に携わる。
TOEIC990点。
英語のほかいろいろな言語をやってみました。フランス語・ドイツ語・中国語も本を読むことはできます。現在は中国語とロシア語を学習中で、自分の外国語学習理論による多言語習得をめざしています。ハングル能力検定3級合格。

このブログのコメントは承認制にさせていただいています。コメントの掲載については管理者にご一任ください。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
 
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。