スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近の英語

2010.02.20.23:35

ひさびさの英語ネタです。英語ですが、特に勉強というほどのことはありません。最近は英語字幕で「フレンズ」を続けて見てます。シーズン6に入ったところです。あと、イギリス英語もやろうということでイギリスのシットコムのDVDも買ってみました。これから見るところです。



あとはNHK衛星放送を録画して、英語ニュースを見ます。BBCとABCです。午後にやってるABCはニュースというよりなんかの話題をとりあげてますが、そのネタによって面白かったりそうでなかったりという感じです。毎日なのですぐたまってきてしまいますが、このところオリンピックで世界ニュースがお休みになっているので、この機会に消化してしまいましょう。実は、ケーブルテレビでCNNも入っているんですが、なんかCNNって好みじゃないんですね、雰囲気的に。で、アメリカのはABCを見ているということです。聞き取り的にいっても、CNNのほうが若干速い、ABCのほうが聞き取りやすいという印象を受けます。印象だけかもしれませんが。



で、イギリスとアメリカの英語の違いを感じるわけですが、一般的に言って、アメリカ英語よりもイギリスのRPの方が聞きやすいことは事実だと思います。ニュースを比べてもBBCの方がぜんぜんよくわかります。アメリカの発音はどうしても口の中で音がこもる感じが出やすくて不明瞭になりやすいですので、それに慣れていかないとむずかしいです。アナウンサーでも多少そうですから一般の人はもっとこもっていたりします。ただ、イギリスがやさしいと言ってもそれはRPつまり標準発音の話で、現実にはそれを日常的にしゃべる人は3%しかいないわけなので、一般の人はたいていなんらかの地方的なアクセントを持っています。ですから普通のイギリス人と話すのは出身地によってはけっこうむずかしかったりします。私もイングランド南部には少し慣れましたがそれ以外の北部だったりするとけっこう難渋します。


関連記事

comment

Secret

プロフィール

SH

Author:SH
東京大学大学院総合文化研究科出身。現在、地方の公立大学教授。第二言語習得研究・音声学等の知識をもとに25年以上にわたり英語教育に携わる。
TOEIC990点。
英語のほかいろいろな言語をやってみました。フランス語・ドイツ語・中国語も本を読むことはできます。現在は中国語とロシア語を学習中で、自分の外国語学習理論による多言語習得をめざしています。ハングル能力検定3級合格。

このブログのコメントは承認制にさせていただいています。コメントの掲載については管理者にご一任ください。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
 
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。