スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

発音本の一長一短

2010.03.07.14:20

う~ん・・

テキスト候補の『絶対発音力』を精査してますが、やはり、第4部の「リンキング」のところはちょっと、説明が簡略すぎますね。



この部分では、『英語舌のつくり方』がいいです。

この本では、bus の母音について独立した母音として扱ってないみたいなのにびっくりします。よく見てみると、この音は、あいまい母音の強形として位置づけられていることがわかりました。つまり、あいまい母音を強めに言えば bus の母音になるということです。ですからまずあいまい母音をやって、それを強くすればいいという指導法だと理解できました。たしかに舌の位置などはかなり似ていると思います。



どの本も長所短所があって100点とはいかないので悩んでしまいます。

部分的にプリントで補足するしかないですね。
関連記事

comment

Secret

プロフィール

SH

Author:SH
東京大学大学院総合文化研究科出身。現在、地方の公立大学教授。第二言語習得研究・音声学等の知識をもとに25年以上にわたり英語教育に携わる。
TOEIC990点。
英語のほかいろいろな言語をやってみました。フランス語・ドイツ語・中国語も本を読むことはできます。現在は中国語とロシア語を学習中で、自分の外国語学習理論による多言語習得をめざしています。ハングル能力検定3級合格。

このブログのコメントは承認制にさせていただいています。コメントの掲載については管理者にご一任ください。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
 
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。