スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本人でも超えられるネイティブ英語の壁

2010.05.26.00:43

こちらの本を買いました。なかなか悪くないですね。

日本人でも超えられるネイティブ英語の壁 (ダイアローグプラス)日本人でも超えられるネイティブ英語の壁 (ダイアローグプラス)
(2006/07)
藤浦 文夫ニコラス ハワース

商品詳細を見る


かなり上級向きだと思います。知らない表現がけっこうたくさんあって勉強になります。

これは「プラス」となっているので、プラスじゃない「ダイアローグリスニング」というものがあるわけですが、それはアマゾンではやたら評判がよいのです。気になりますね。

それにしても、このイギリス人の男性の声は他の本で聞き覚えがありますね。いろいろCD教材を聞きまくっていると、同じ人と思われるナレーターによく出くわします。そういう人材は限られているのか、これを仕事にしている人もいるのかもしれませんね。多少、声優の資質がないといけないのでしょう。最近のCDは、ただ英語が入っていればいいというものではなく、それなりに聞いて面白いというのも求められているということで。実際、つまらなければ何度も聞く気にはならないですからね。そこがこういうリスニング教材でいちばんだいじなところです。その点、この本はまあまあいけてます。

本の作りは、紙質といいレイアウトといい、いかにも旺文社という感じです。これだけ特徴のある出版社は、最近少なくなったかもしれませんね。
関連記事

comment

Secret

プロフィール

SH

Author:SH
東京大学大学院総合文化研究科出身。現在、地方の公立大学教授。第二言語習得研究・音声学等の知識をもとに25年以上にわたり英語教育に携わる。
TOEIC990点。
英語のほかいろいろな言語をやってみました。フランス語・ドイツ語・中国語も本を読むことはできます。現在は中国語とロシア語を学習中で、自分の外国語学習理論による多言語習得をめざしています。ハングル能力検定3級合格。

このブログのコメントは承認制にさせていただいています。コメントの掲載については管理者にご一任ください。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
 
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。