スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大学のTOEIC授業はどうなのか?

2013.08.22.22:23

来年からTOEIC授業を担当するのでいろいろ調べております。私はある程度TOEIC対策の本を見て、TOEIC対策法の現状について基本は理解したつもりですが、そこからすると、大学のTOEIC授業は「?」という感じを抱くことがあります。それは、WEBで見ることができるシラバスや、見本として見た教科書を見ての感想ですね。これでいいの? と思っていたら、ヒロ前田さんによる次の記事を見つけました。

疑問38 なぜ、大学のTOEIC教科書はゴミなのか

これは、やっぱりという感じです。しかし、大学での大部分のTOEIC授業はそういう教科書を使って行われているわけではないですか。ということは教科書だけでなくその授業もまたゴミに近いことになりはしないでしょうか?

そういういい加減な教科書で問題演習をしたところでどうなるというのでしょうか。

ということで、今のところ信用できそうなもので発見しているのは、桐原書店による『書き込みドリル』シリーズを教科書化した(つまり答えのついてないバージョンにした) Mastery Drills シリーズだけですね。ほかにも見つけたい(特にもう少し上のレベル用)のですが、なかなか難しいです。

というわけで、大学のTOEIC授業もいい加減なもの(TOEIC対策という視点から見て)が多いらしいことがわかったのですが、TOEIC対策をちゃんとしているところとして信用できそうなのが明海大学HT学部です。去年までTEX加藤さん、今年は浜崎さん、早川さんの名前も見えますし、そこの主任の白津さんもTOEICがわかっている人でしょう。で、ここのシラバスに注目したのですが、公式問題集と『出る順990』が使われていましたね。上級クラスではイクフン本もありました。

最近では、TOEIC対策をうたっているEラーニングもあるのですが、そこの問題が、どのくらい正確にTOEICを理解して作られているのか、ちょっと恐いです。たとえばそこに「神崎正哉監修」だとか「問題協力ヒロ前田」などと入っていれば信用もできますが、誰が問題を作ったのか何もクレジットがないEラーニングシステムは恐くて使えませんねえ。

このヒロ前田さんの記事は、「大学用TOEIC教科書のほとんどは使えないのではないか」という私の疑問を裏書きしてくれました。
まあ、かなり前(2007年)の記事ではあるのですが・・ その後、よい教科書が続々と出ているのでしょうか? そうでもないような・・ 「TOEIC本は著者名で選ぶべし」が基本ですからね。それはつまり、TOEICをよくわかってない人が書いているTOEIC本がはなはだ多い、というTOEIC商戦の現状があります。

そこで、教科書の体裁にこだわらず、定評のある対策本を使わせる方がいいのではないかと思います(私の技量ではまだ、公式を教材にはできないので)。答えがあったっていいじゃないですか。問題の答え合わせを授業のメインにするのではなく、音読やシャドーイングなどの定着練習や、対策の詳しい説明などに使えばいいのです。「和訳先渡し」なのだと思えば、市販本を使えるわけです。
関連記事
プロフィール

SH

Author:SH
東京大学大学院総合文化研究科出身。現在、地方の公立大学教授。第二言語習得研究・音声学等の知識をもとに25年以上にわたり英語教育に携わる。
TOEIC990点。
英語のほかいろいろな言語をやってみました。フランス語・ドイツ語・中国語も本を読むことはできます。現在は中国語とロシア語を学習中で、自分の外国語学習理論による多言語習得をめざしています。ハングル能力検定3級合格。

このブログのコメントは承認制にさせていただいています。コメントの掲載については管理者にご一任ください。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
 
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。