スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

語順がすべての英文法

2013.08.12.01:35

英語の文法を復習するっていうとどういう本があるのかっていうと、これまでは『くもんの中学英文法』なんかが定番でした。
でも最近思うのは、こういうふうに伝統的に、BE動詞と一般動詞から始まって、その否定文と疑問文、っていう説き方だと、いちばんかんじんなことは何か、というのがもう一つ頭に残らないのかな・・という印象を抱くに至りました。
そこで、

最初から、『一億人の英文法』を通読すべし

・・というふうに考えるようになりました。そのほうが早道なのです。
が、この本は例文が高校レベルなので、若干、まったくわからない人には厳しい。そこでぜひ、これの「ジュニア版」を作ってもらいたいと思うわけです。

で、なぜ『一億人の英文法』なのかというと、「英語の文法で最も大事なのは語順である」という大原則でほとんどをまとめてしまっているからです。

文法のまちがいというのにも程度がありまして、

A. Tom play tennis this afternoon.
B. Tom is play tennis this afternoon.
C. Tom is tennis play afternoon this.

Aの間違いは大したことはないです。Bも、主語・動詞・目的語という並びは理解しているのですから、悪くはありません。しかしCはちょっと深刻です。
Cは「どう並べていいかまったくわからない」のですね。

今までの文法書だと、こういうことは「文型」という項でちょっと触れてるだけだったのですが、それでは駄目で、「ならべ方が英語の根幹なのだ」という強烈な印象を読者に与えないといけないのです、文法書というものは。ほかのところが間違ってもならべ方さえよければ何とかわかりますからね。
(なお、is とは日本語の「は」にあたる、という「中間言語ルール」を持っている人は非常に多いですね、たぶん高卒の人でも。それはいくら言っても、英語力の全体が上がらないと簡単にアウトプットには反映しませんので、文法ドリルを繰り返してもムダです。ムダであることはSLAによって証明されています)。

ならべ方の基本がわかった上で、「疑問文は、通常の語順をひっくり返すことで注意を喚起する」という感覚がわかってくるのですね。

「英文法とは語のならべ方を教えるものだ」という原則がすみずみまで行き届いているのが「よい英文法書」の条件だと思います。そしてそのならべ方には「感覚」があるのです。文法とは「感覚の論理化」なのですよ。

というわけで、

一億人の英文法 ――すべての日本人に贈る「話すため」の英文法(東進ブックス)一億人の英文法 ――すべての日本人に贈る「話すため」の英文法(東進ブックス)
(2011/09/09)
大西 泰斗、ポール・マクベイ 他

商品詳細を見る


これはちょっと分厚い・・という人には、次の本はエッセンスが書いてあるのでいいと思います。


ハートで感じる英語塾 英語の5原則編―NHK新3か月トピック英会話 (語学シリーズ NHK新3か月トピック英会話)ハートで感じる英語塾 英語の5原則編―NHK新3か月トピック英会話 (語学シリーズ NHK新3か月トピック英会話)
(2008/02)
大西 泰斗、ポール・マクベイ 他

商品詳細を見る


なお、本当の初心者の人は、石崎さんの「カエルの英文法」も、ならべ方の原則という視点で書いてあるので、おすすめできるかと思います。


基本にカエル英語の本 英文法入門 レベル1基本にカエル英語の本 英文法入門 レベル1
(2007/07)
石崎 秀穂

商品詳細を見る
関連記事
プロフィール

SH

Author:SH
東京大学大学院総合文化研究科出身。現在、地方の公立大学教授。第二言語習得研究・音声学等の知識をもとに25年以上にわたり英語教育に携わる。
TOEIC990点。
英語のほかいろいろな言語をやってみました。フランス語・ドイツ語・中国語も本を読むことはできます。現在は中国語とロシア語を学習中で、自分の外国語学習理論による多言語習得をめざしています。ハングル能力検定3級合格。

このブログのコメントは承認制にさせていただいています。コメントの掲載については管理者にご一任ください。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
 
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。