スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOEFL導入案、最終提言に盛り込まれず

2013.05.31.11:21

教育再生実行会議の第3次提言が出まして、だいたい素案通り、TOEFL導入は後退した状態で終わったようです。
高校現場出身の委員のがんばりに感謝です。

そもそも今回の話は財界から出ているのですが
財界の意向というのは、だいたい、自由主義、エリート養成実力主義に傾きます。
上を引き上げようとするが、その他の上に上がれない人たちのことはあまり顧慮しない、という教育にならないよう注意しなければなりません。TOEFL導入はまさにその発想でした。

今までの英語教育が「知識」レベルに止まっていて「使える」形になっていないという批判には、一定の妥当性があります。
ただ残念ながら、「ではどうすればいいのか」という部分で、あまり知恵が出てきていません。
ネイティブスピーカー教員を増やせとか、教員の英語力向上、会話中心とかいいますが
「インプットを増やす」「インプットをアウトプットに結びつける」という原則が出てきて欲しかった。
そもそも、その必要なインプット量を満たし、かつ、それを使えるように持って行くための音読・シャドーイング等の定着活動を行うには、今の授業時間は足りるのか? ということを考えてみる必要があります。
つまり、「使える」ようにするためには、「読解」だけでよかった授業にくらべて、扱う英文の量は少なくならざるを得ないですし、難度も、読解だけに特化した時のようには、同じ授業時間では上に行けなくなります。

ですから、「今までより英語の難度は下げてもいいから、それを確実に言えるようにする」というならわかりますが、その英語の難度を下げず、それを読めるだけでなく言えるようにもしろ、というのは、授業時間を二倍か三倍にしないとありえない話です。
ですから、その英語の難度を大幅に上げてかつ言えるようにするというTOEFLのレベルがいかにむちゃくくちゃなものであるかわかろうというものです。

ごく平均的な人にとって、中学高校の六年の授業で、ようやく今の中学英語が「話せる」レベルに行く、というのが現実的な目標だと思いますので、それより上に行きたい場合は特別に英語を強化したコースを作るしかないと思います。
中学英語が不確かなまま、ずるずると高校でやたらに難度の上がったテキストを与えられて何もこなしきれないままムダに授業時間を過ごしてきてしまった人のいかに多いことか・・
中等教育では、いまの中学英語のレベルが確実に4技能的にできる、ということを達成してもらいたいと考えます。
その基礎があればその上にいくらでも伸ばすことができますから。
関連記事
プロフィール

SH

Author:SH
東京大学大学院総合文化研究科出身。現在、地方の公立大学教授。第二言語習得研究・音声学等の知識をもとに25年以上にわたり英語教育に携わる。
TOEIC990点。
英語のほかいろいろな言語をやってみました。フランス語・ドイツ語・中国語も本を読むことはできます。現在は中国語とロシア語を学習中で、自分の外国語学習理論による多言語習得をめざしています。ハングル能力検定3級合格。

このブログのコメントは承認制にさせていただいています。コメントの掲載については管理者にご一任ください。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
 
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。