スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『英語教育が亡びるとき』

2010.04.28.23:25

こちらの本を借りてきました。タイトルがすごいですが・・

英語教育が亡びるとき―「英語で授業」のイデオロギー―英語教育が亡びるとき―「英語で授業」のイデオロギー―
(2009/09/28)
寺島 隆吉

商品詳細を見る


サブタイトルの通り、「英語で授業せよ」という文科省方針に反応して書かれている本です。

さらっとしかみていませんが、ポイントとしては、教育の現場(特に底辺校といわれるところ)を知らない、ということと、「英語ができなければ駄目だ」という思想のイデオロギー性を指摘する、ということに主眼があるみたいな感じです。

第一について言えば、それはそうでしょうねという感じです。
英語で授業というのはどういうことをイメージしているのか私ははっきり理解しているわけではないのですが、もしコミュニカティブな授業を言っているのであれば、それは今のような40人クラスと授業数という枠を維持したまま導入はできないだろうということです。
高校英語についてはもうこれは必修をはずすしかないと思います。中学まででもう英語はいい、というのを認めてあげた方がいいです。そして英語選択をした生徒のクラス人数を少なくすれば教員が余ることもないでしょう。

「英語は必要だ」というイデオロギーからはもう離れた方がいいですね。正確に言えば「エリートになりたい人には、英語は必要だ」というのが正しいのです。そんなものになるつもりのない人は、「英語ができれば得をする」であろうけれども、特にできなくても生活はできるわけで、その、「英語を話せるようになるためのコスト」と、できるようになることでのメリットをはかりにかける「コストパフォーマンスの思想」がいると思うのです。

政策をつくるような人はエリートですし、学校時代に苦労もなく英語ができた人でしょうから、できない人のことがわからないのです。日本国民の外国語習得能力について大いなる誤解をしているのです。

私はフランス語、ドイツ語、中国語の文献は読めますが会話はまったくできません。そういう会話の必要はまったくないので、それができるようになるだけの投資をする必要はないのです。ですから英語にしたって、「本が読めればいい」という昔ながらのスタイルだって、ニーズのよっては十分ありでしょう。

学校の英語にあんまり期待を持たず、大学の第二外国語程度に基礎の基礎だけさらっとやっておいて、あともっとできるようになりたいならこういう勉強法をしなさいよということを教える、くらいで十分なんじゃないでしょうかね。英語を特に必要としない人にはそれ以上はいりませんわね。ですから学校教育としては、言語という現象についての視野を広げるという教育意義も重視してやっていいですね。数学が論理的思考を鍛えるためにあるのと同じようなものですよ。

イデオロギーといえば、英語=スタンダードというグローバル化というものに無条件に従うのは・・ そもそもわれわれが英語を習得するのに多大な時間を費やしている分を、英語ネイティブは専門の勉強にあてられる、という絶対的な言語的不平等があるという状況を無条件に肯定していいわけはないのです。アメリカにノーベル賞が多いなんてあたりまえのことですよ。英語をやらないでその分専門ができるんですからね。しかし、基本的に霞ヶ関はアメリカ追随ですからね。

というわけで私の理想をまとめれば

全国民が学ぶ英語は、英検4~5級程度まで。20人以下学級。教科書にはCDをつける。発音重視。
第二外国語として中国語か韓国語も5級相当まではやる。
高校からは外国語を選択にする。指導内容を大幅に自由化し、学校による差をつける(高度なところまでやりたい学校はやればいい)。少人数化を推進。多読多聴を導入。
センター試験(またはそれに代わるもの)は、リスニングを50%にする。

こういう体制が整ってきたときに、英語で授業というのも可能になってくるかもしれません。

ただ、この寺島氏の論は、「英語で授業できるほど生徒のレベルは高くない」ということを強調しているので、やや、論点がかみあっていない印象があります。「おまえは底辺校の現実を知っているのか」というややルサンチマン的な表現もみられますね。最初歩の生徒に対してもコミュニカティブな授業はできます。ただ、これはそれなりに時間のかかる方法なので、今のクラス数・授業数などの体制下では意味がないということでしょう。
日本語を用いた、明示的な文法学習の必要も言っていますが、それが今のやり方でいいのかどうか、インプットとのかねあいはどうするのかとか、そういうメソッドの問題に展開していないのは物足りない点でした。
関連記事

comment

Secret

プロフィール

SH

Author:SH
東京大学大学院総合文化研究科出身。現在、地方の公立大学教授。第二言語習得研究・音声学等の知識をもとに25年以上にわたり英語教育に携わる。
TOEIC990点。
英語のほかいろいろな言語をやってみました。フランス語・ドイツ語・中国語も本を読むことはできます。現在は中国語とロシア語を学習中で、自分の外国語学習理論による多言語習得をめざしています。ハングル能力検定3級合格。

このブログのコメントは承認制にさせていただいています。コメントの掲載については管理者にご一任ください。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
 
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。