スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『危機の大学論』

2013.04.28.22:48

また英語と直接の関係はないですが、諸星さんの『大学破綻』が面白かったので、図書館にて尾木ママさんとの対談本『危機の大学論』を借りて読んでみました。

なかなか納得の指摘が多いです。中でも、今は中等教育の質の担保がされていない問題が出てきます。尾木さんは、学力がついてない生徒には何回も留年させるようなシステムにすべきと言っていますが、まったく同感です。中等教育が崩れているからまた大学教育も成立しにくい、という構造がありそうですね。

大学が増えすぎているのも当然、問題です。諸星さんは、ミッションの不明確な大学が多いと指摘しています。
そして、そういう全入時代にあって、大学教員には教育力が要求されているのに、相変わらず研究業績のみで教員を採用するシステムなので、教育力のある教員が少ないということ。

いずれにしろ、大学がエリート層のものだった時代を懐かしむのではなく、この状況に見合った大学のミッションを考える必要がある、というのがこの本から伝わることですね。
時代が変わったのに、多くの大学はいまだに旧帝大のミニチュアみたいなしくみで動いているので対応できていない、ということが浮かび上がってきます。まあ客観的に見れば、なんのためにそこにあるのかよくわからない大学は淘汰されてもやむを得ないでしょう。下位校といっても、誇りを持って「勉強がいまいちな学生を一人前に育てる」というミッションを打ち出せばいいのですね。

ただ、今の大学はダメだとバッシングするだけでなく(実際改革しなければならないことは多いのですが)、中等教育が機能していないことをはっきり指摘していたのはよかったです。その改革として、諸星さんは、高校の4年目を作って、高校教員が徹底して基礎学力を鍛えるようにするという案を示していますが、これはよいアイデアではないかと思いました。

それと、入試については、中等教育がちゃんとしてくれば、大学入学資格の試験(アメリカのSATみたいなもの)を整備すれば、入試はあまり問題ではなくなるとしています。
その試験に高三でよい成績を取れればそのまま大学へ行けばいいし、そうではない人は高校四年目をやってもう一度受けなおすことができればよいですね。海外にはそういうシステムの国もあったように思います。

このブログの趣旨である英語教育について触れてはいませんので、以上の論を踏まえて、私なりの見解をついでに書いておきます。
現状の指導要領の到達目標には基本的に無理があると考えています。全高校生に対する最低の要求基準は高卒までに英検3級程度(ただし、それは読めるというだけでなくそのレベルで英語がある程度言えるということを含みます)にとどめ、ある限られた生徒のみそれより上級に進むようにすることです。それにともなってセンター試験は2通りくらい用意し、それはTOEICのようにリスニングを50%にします。上級のテストにはできればPCベースのスピーキングテストも併用するといいかと思います。テストはTOEICのようにスピード感を持って英語を処理しなければ得点できないものにすれば、英語学習も変わってくるでしょう。
TOEFL導入の問題点については過去に書きましたので参照してください。


危機の大学論  日本の大学に未来はあるか? (角川oneテーマ21)危機の大学論 日本の大学に未来はあるか? (角川oneテーマ21)
(2011/11/10)
尾木 直樹、諸星 裕 他

商品詳細を見る
関連記事

comment

Secret

プロフィール

SH

Author:SH
東京大学大学院総合文化研究科出身。現在、地方の公立大学教授。第二言語習得研究・音声学等の知識をもとに25年以上にわたり英語教育に携わる。
TOEIC990点。
英語のほかいろいろな言語をやってみました。フランス語・ドイツ語・中国語も本を読むことはできます。現在は中国語とロシア語を学習中で、自分の外国語学習理論による多言語習得をめざしています。ハングル能力検定3級合格。

このブログのコメントは承認制にさせていただいています。コメントの掲載については管理者にご一任ください。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
 
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。