スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『発音入門 音トレーニングドリル』について

2013.03.17.18:05

靜哲人先生の『発音入門 音トレーニングドリル』の見本を入手しました。本来は高校用ですが特別に。
見ましたが、わりとコンパクトです。
子音・母音について、最初に説明、「Englishあいうえお」の練習などがあり、次のページにリズムに合わせる(『絶対発音力』の三三七拍子エクササイズ)のや、最後には音読のパッセージがついてます。
だいたい、授業のうち5~10分を使って基本を一通り押さえる、というコンセプトですね。
ただリズムについては最初にちょっと触れ、あとはリズムに合わせて文を言う練習がありますが、わりとあっさりしています。
これはいいと思うのですが、私は、リズムをもう少し詳しくというのと、音変化や弱形の解説を必要としていたので、ニーズには合いませんでした。1260円という値段はちょっと高めかもしれませんね。情報量に比較しますと。
ですので、この『発音入門』の上級版のようなものがあるとよいですね。『絶対発音力』との間に差があるので、その中間といいますか。
それから、発音の練習は、英語のほかのスキルとはある程度独立してやることができます。つまり英語力の他の面が弱くても発音だけは得意、ということもありえます。
そこからいくと、音読パッセージを入れると、かえってその英文のレベルのために対象が限定されてしまうきらいがあります。これがない方がかえって、いろいろなレベルの生徒、中学から大学、社会人まで使えるというものになる、という考え方もあり得ますね。
そういうことも入れて第二弾に期待したいところです。

アルクのサイト
関連記事

comment

Secret

プロフィール

SH

Author:SH
東京大学大学院総合文化研究科出身。現在、地方の公立大学教授。第二言語習得研究・音声学等の知識をもとに25年以上にわたり英語教育に携わる。
TOEIC990点。
英語のほかいろいろな言語をやってみました。フランス語・ドイツ語・中国語も本を読むことはできます。現在は中国語とロシア語を学習中で、自分の外国語学習理論による多言語習得をめざしています。ハングル能力検定3級合格。

このブログのコメントは承認制にさせていただいています。コメントの掲載については管理者にご一任ください。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
 
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。