スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英語教育界の保守派論客たち

2010.04.25.00:57

山田雄一郎さんの本をもうちょっと借りてきてみました。

英語教育はなぜ間違うのか (ちくま新書)英語教育はなぜ間違うのか (ちくま新書)
(2005/02/08)
山田 雄一郎

商品詳細を見る


「英語が使える日本人」は育つのか?―小学校英語から大学英語までを検証する (岩波ブックレット)「英語が使える日本人」は育つのか?―小学校英語から大学英語までを検証する (岩波ブックレット)
(2009/02)
山田 雄一郎 斎藤 兆史

商品詳細を見る


これを見て、山田さんてオーディオ・リンガルの信奉者なの? と驚きました。欧米で主流のコミュカティブ・アプローチへの反感に貫かれた、英語教育界としては「保守派の論客たち」という位置づけかな、という印象です。

「私がトレーニングとして一番きちんと作られていると思うのは、オーディオリンガル・メソッドです」(英語が使える日本人・・ p53)

断言してますね。

「コミュニカティブ・アプローチの提唱者もこの種の訓練があってこそのコミュニケーションだと、その重要性を認めているのですが、日本ではどういうわけか上澄みだけ取ってしまって…」 同

そんなこと提唱者が言っているんでしょうか? 中にはそういう論者もいるのでしょうか、私が読んだ限り、「オーディオリンガルをやってこそコミュニカティブ・アプローチが可能になる」なんてことはけっして通説ではありませんよ。

オーディオリンガルがいいというなら、実際にそれを実証的に証明した研究にどういうものがあるのか示してほしいですね。Lightbownの本などには、それと反対の実証的研究が山のように引用されているんですから・・

どうも、「コミュニカティブ・アプローチ==上っ面で会話だけやっているメソッド」という印象に、読者を導入しようとする意図が感じられます。
この論者たちに欠けているのは、「インプット理論」の衝撃をどう受け止めるのか、という視点です。どうもインプット論と正面から向き合うのを回避した論議ではないかと思えるのですね。

クラッシェンのインプット理論の衝撃が広まって、しかし、その行きすぎを是正するという形で第二言語習得論が発展してきた・・という経緯を理解していないかのような物言いが気になります。

ということで、ここの人たちは、第二言語習得論を認めず、文法中心の教授法を擁護する立場の人である、ということが明らかになりました。

ただ、そうは言っても、私としては、コミュニカティブ・アプローチで英語など日本語とかなり異なる言語を身につけるのは、相当な授業数とクラスの少人数化が必要なので、英語を選択制にしない限り導入はできないだろうと思っています。また、フォーカス・オン・フォームも、教科書やマニュアルが整備されない限り、一部のスーパー教師にしかできないワザであろう、と考えています。現実的に、今の学校英語にインプットを導入するのは、多読が一番いいと思います。

ちょっとけちつけたみたいな文章ですが、ここにあげた論者はいずれも「日本人が英語を身につけるのは途方もない努力が必要なものなので、簡単にできるかのような幻想を描いている語学行政はまちがいだ」という論旨を展開します。その点ではまったく同感です。

それと、山田さんの言語政策案がわかりました。それによると高校以降は第二言語は選択となるみたいです。日本語の教育と連動して、言語力全体を高めるという目標を設定してます。この考え方は悪くないと思います。

やはり、平泉試案の方向性でいいのではないでしょうか。全国民レベルでは、英検4~5級くらいで十分です。それは、とても話せるというレベルではありませんが、外国語を知ることで言語力が豊かになった、という教育目標として考えれば十分です。実用的には片言・サバイバル英語になります。それと発音と文法の基礎の基礎だけ習っておけば、あとで英語をもっとやろうという時の基礎ともなります。そして、その後も英語を選択した生徒にはかなり集中的なカリキュラムで2級程度までは到達させたいところです。このように到達目標の複数化が必要だということでは、私はこの論者たちと一致します。

ですので、特に高校の英語は問題多いですね。学習指導要領と生徒の実態との乖離がひどいのじゃないかという感じです。中学までで「私はもう英語はいい」という生徒がいることを認めてはどうでしょうか? 英語を選択制にし、高校や学科、コース単位で英語のないカリキュラムもあり、というのを現実的に考えた方がいいかもしれません。高校の英語の授業がまったくわからず無駄な時間を過ごしていただけの人がどれほど多いことでしょうか。選択制にしても、選択した人は少人数クラスにすればいいので英語の先生が失業するわけではありません。
関連記事

theme : 英語・英会話学習
genre : 学校・教育

comment

Secret

プロフィール

SH

Author:SH
東京大学大学院総合文化研究科出身。現在、地方の公立大学教授。第二言語習得研究・音声学等の知識をもとに25年以上にわたり英語教育に携わる。
TOEIC990点。
英語のほかいろいろな言語をやってみました。フランス語・ドイツ語・中国語も本を読むことはできます。現在は中国語とロシア語を学習中で、自分の外国語学習理論による多言語習得をめざしています。ハングル能力検定3級合格。

このブログのコメントは承認制にさせていただいています。コメントの掲載については管理者にご一任ください。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
 
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。