スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どうすれば話せるようになるのか

2013.02.22.00:37

木村達哉さんの、中高生向けの学習法『ユメ勉』ですが、
いちばんの要点は、習った英文を、「音読→暗唱→暗写」でインテイクすること、であるようです。
ここには英作文のことも載ってますが、スピーキングについてはあまり触れてませんね・・
ですが、スピーキングとはいわば瞬間英作文なのですから・・
逆に、『パワフルメソッド』の方では、ライティングという項目がありません。

そもそも「話せるようにするにはどうすればいいか」というので、「英会話の授業をたくさん受ければいい」と思っている人が多いんですね。
だからこそ英会話学校が繁盛しているわけです。
ですが、私たち英語のプロで、英会話学校で会話ができるようになると本気で信じている人はまずいないと思います。教える訓練をほとんど受けていない人がたくさんいることも知っています(余談ですが、地元のソフト整体のお店のHPに、「施術スタッフ募集。未経験者可」というのが載ってましたが、未経験者を採用して、ちょっと研修してすぐ現場に出すわけですね。そういうお店に行きたいと思いますか。でも免許を持ったマッサージ師のお店と同じ値段ですよ)。
あれはあくまで、そこに行けば会話ができるようになると思わせることで成り立っている商売である、と考えています。
大学の方でも、英語が専門じゃない人は、「話せるようにさせたいから英会話の授業をたくさん作ろう」などと考えがちです。自分が英語を習得した経験がないとそういうふうに発想してしまうのが日本人としては普通なのですね。
そうではない、まずインプット→インテイクがないと始まらない、ということを理解してもらうのに苦労します。
英会話学校に行くなら、ある程度自分の言いたいことが言えるような上級者になってこそ効果があります。
ほとんど何も英語が出てこない段階で会話の授業など受けても大して伸びません。
それよりも地道にインプット・インテイクを繰り返す。
ただ木村さんも強調するところなんですが、インプットをしていく際に、将来この英語を発信していくぞ、という気持ちでやるということです。
つまり、「意味がわかる」という段階で終わらせず、「言える」という段階まで持って行く。それが、音読・暗唱であるということです。

ただ、木村さんは多読についてはあまり触れてません。「やさしいものを大量に読む」という発想はあまりないようです。
そこをちょっと補うとよいのではないでしょうか。
つまりある英文を徹底して音読・暗唱・暗写まで持って行く学習と平行して、やさしめの英文を多読することをやっていくとよい、ということなのです。

スピーキングのための秘訣として、木村さんは特に「使える言葉のデータ量で決まる」と言っています。その前提の上で、使う機会を増やすのだ、と。
要はそういうことになりますね。
白井さんが「初級はインプット100%でもいい、進むにつれてアウトプットを30%まで増やす」と言っているのもこれと対応します。最初はデータ量がないのだから「話せ」と言っても無理、だんだんデータベースができるにつれて発信を意識していく、という流れです。
ですのでネイティブ講師というのは上級になるほどいいのです。中学英語も怪しい人がネイティブに習っても全くの無駄。英会話授業そのものが無駄。先にやることがあります。
インテイクしながら自分でも文を作ってみる、という活動を音読・暗唱の合間に入れていくという感じでアウトプットをはさめば十分ではないかと思います。
ですから私は初級者に対しコミュニケーションの授業などというものには反対です。あくまで4技能総合の授業にすべきです。アウトプットに特化した授業を50分とか90分とかやるのは効果的ではないと考えます。

それからと、現在では、スカイプ英会話が、英語を実際に使ってみる場として有力なツールなのですが、木村さんはこれに触れてないのは、残念ですね。
高校生くらいから少しずつスカイプ英会話をやるといいと思います。
ただしこれだけで英語が上達すると思わず、あくまで実践の場を求めるということです。
他に何の勉強もせずスカイプ英会話だけで上達しようというのは効率の悪いやり方だと思います。

従来型の英会話学校は先にも言ったように上級者になってフリートークがある程度できるような人には使いようによって役に立つと思います。初級者にはあまり意味はないです。

上級者であっても、ネイティブにこだわるのでなければ、スカイプで十分だと思います。私も、周囲に英語を話す人がいないので時々スカイプ英語をやって感覚を取り戻すようにしてます。

まとめますと、スピーキングの上達は、単語や文法を別としますと、
1.読解し、それを音読・暗唱・暗写(場合によってはディクテーション、シャドーイングなども)で、徹底してインテイクする。必ずCDを活用しリスニングをのばすのと同時並行で。
2.それと平行してやさしい英語を多読していく。
3.ある程度英語のデータベースが頭の中にできたら、時々スカイプ英会話を使って実地練習をする。

これが私の理想とする学習法の組み合わせです。

もしそれをカリキュラムとして組むならば、

音読・暗唱・暗写、ディクテーション、音声指導などいろいろ行う総合英語のクラス
やさしい英語をたくさん読む多読クラス
スカイプ英会話を組み入れたマンツーマンのアウトプット機会

こんな感じでいくと理想的だと思います。こういう総合的なもので話す力が出てくるので、会話の授業を闇雲に増やせばいいというのは、英会話学校に行けば話せるようになると信じている人の考えることですね。

木村さんは、本当に上達したかったら、英会話学校ではなくて「通訳養成系の学校」に行きなさい、とすすめています。
これはいいアドバイスだと思いますね。本当に力がつくのはそちらです。
実際私も、若い頃にそういう学校に行っておくとよかったな、と思うことがあります。

今井康人さんの本も、音読・暗写・多読の効果について述べてますので一読をお勧めします。教員向きではありますが、学習法について示唆を与えます。

英語力が飛躍するレッスン―音読・暗写・多読のメソッド公開英語力が飛躍するレッスン―音読・暗写・多読のメソッド公開
(2009/02/21)
今井 康人

商品詳細を見る
関連記事

comment

Secret

プロフィール

SH

Author:SH
東京大学大学院総合文化研究科出身。現在、地方の公立大学教授。第二言語習得研究・音声学等の知識をもとに25年以上にわたり英語教育に携わる。
TOEIC990点。
英語のほかいろいろな言語をやってみました。フランス語・ドイツ語・中国語も本を読むことはできます。現在は中国語とロシア語を学習中で、自分の外国語学習理論による多言語習得をめざしています。ハングル能力検定3級合格。

このブログのコメントは承認制にさせていただいています。コメントの掲載については管理者にご一任ください。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
 
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。