スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キムタツ『ユメ勉』について

2012.08.23.11:32

勉強法本シリーズ、つづいて灘高の木村達哉氏の『ユメ勉』です。

ユメ勉 ~ 夢をかなえる英語勉強法&参考書 (英語の超人になる!アルク学参シリーズ)ユメ勉 ~ 夢をかなえる英語勉強法&参考書 (英語の超人になる!アルク学参シリーズ)
(2010/01/23)
木村 達哉

商品詳細を見る

こちらは中高生向けの内容です。学校の授業を中心にしつつもそれを発信型の英語につながるようにするやり方をすすめています。CDを聞くなど必ず音声を入れて覚えるということと、いったん理解した英語を音読⇒暗唱⇒暗写、というプロセスで定着させることをすすめます。

これも、今まで見てきた「まっとうな勉強法」の原理で、それを中高生に向けて具体的に教えるものといえそうです。この段階でこの本を使え、ととても具体的で、巻末の参考書リストも充実しています。

英文を音読・暗唱するというのは、野口さんの「超英語法」とまったく同じです。

あえて言えば、「やさしい英語の多読」をもう少し早い段階から入れてもいいのではないか・・・と私なら考えますが。ただ、初めのうちは精読の比率を高く、徐々に多読を多くするのは基本的な方向として正しいです。

なお、この本には、話すこと(スピーキング)は出てきません。

日本人のための英語学習法としては、このように、リーディングを中心としてそれを音読・暗唱でインプットすることをメインに据えていくのがいいと思ってます。
文科省は「日本の英語教育で話せるようにならないのは会話の練習をしないからだ」と単純に考えて会話の授業を増やしたりしてます。そういう「話すためには会話授業だろう」というのはなんとなくネイティブ講師を雇って授業をやらせている多くの学校にも言えることですね。
しかし、あくまでもインプットしたものしかアウトプットはできないので、アウトプット練習がインプット練習の時間より多くなったり同じになったりするのはおかしいのです。理想的にはその比率は1:9か2:8です。

話せないのはインプット量が不足しているせいであり、会話練習を多くすればできるようになるというものではないです。英会話学校に通ってそれ以外の勉強を何もしていない人は何年たっても上達しません。

実際には、サバイバルレベルの基礎的な会話の練習くらいしかできないとすれば、それはスカイプ英会話などに任せて、貴重な授業時間はリーディングを中心としたインプットにあてた方がいいでしょう。
ということで、私はいま、会話授業については否定的とまではいかないまでも、効果は限定的という見方をしています。
ただ、今までの学校では、音声面の指導が少なく「目だけの勉強」になってしまう傾向があったこと、英文の理解までで終わってその定着に時間を割かなかったこと、こういう弱点があったのですが、木村氏の方法はそれを十分に意識したものになっています。
関連記事

comment

Secret

プロフィール

SH

Author:SH
東京大学大学院総合文化研究科出身。現在、地方の公立大学教授。第二言語習得研究・音声学等の知識をもとに25年以上にわたり英語教育に携わる。
TOEIC990点。
英語のほかいろいろな言語をやってみました。フランス語・ドイツ語・中国語も本を読むことはできます。現在は中国語とロシア語を学習中で、自分の外国語学習理論による多言語習得をめざしています。ハングル能力検定3級合格。

このブログのコメントは承認制にさせていただいています。コメントの掲載については管理者にご一任ください。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
 
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。