スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『英会話ピッタリ表現でぃくしょなりぃ』と、ドラマの効用

2012.08.20.23:16

このまえ English Journal でソレイシィさんが出てたので、気になってこちらの本を買ってみました。

英会話ピッタリ表現でぃくしょなりぃ英会話ピッタリ表現でぃくしょなりぃ
(2010/12/25)
スティーブ・ソレイシィ

商品詳細を見る

『英会話きちんとフレーズ100』と同様、日本語に「ぴったり」の英語を提示するという趣旨ですが、これは「でぃくしょなりぃ」と言うだけあってボリュームが相当です。CDはついてませんが。

気がつかなかったことがいろいろあります。ボールペンは ballpoint pen ではなくて単に pen が普通だとか。たしかにいわれてみると ballpoint pen と誰かが言っているのを聞いたことがないのに気づきます。

こういう本が出るってことは、裏をかえすと、和英辞典はあまりいいものが出てないぞ、ということでもあるんですね。

これは日常会話に使う英語が中心になってます。
この辺の表現を私が何で覚えたのかと考えてみると、相当、ドラマなどで知ったものが多いですね。
ドラマは状況があって言葉が出てくるので、使い方のニュアンスがわかりやすいです。

前に、ネイティブのインフォーマルトークは難しいぞ、という話をしました。
ドラマは、たしかに聞き取りとしては難度が高いのですが、そういう日常表現を覚えるのは便利ではあります。

考えてみますと、私も、ドラマの英語を全部聞き取っているわけではないですね。むしろ、英語字幕で見て、つまりリーディングとしてそういう表現を自然と覚えた、ということはあるように思います。

ニュースだけやっていても、そういう英語は覚えられないので、会話に重点を置くなら、リスニング教材ではなくて英語字幕中心でドラマを見る、という使い方は有力です。もちろんリスニング力もやっただけは伸びますよ、全部わかるようになることはないですが。

そういう意味では、映画などよりTVドラマの方がいいかもしれません。
ですので、ドラマDVDも会話表現にフォーカスするときは有力なツールです。

コメディとか見ない限り、「社会の窓」は英語で何というか、などニュースをいくら聞いたって覚えることはないですからねえ。

それをやっても、「仕事で使える英語力」の路線には入らないですが、英語をやる以上ある程度は会話表現も知ってないといけないので、ドラマDVDも適宜取り入れるのはいいでしょう。その場合、すべて字幕なしでわかるようになるまでがんばるなんてことは必要なくて(やりたい人はもちろんやっていいですが)、ただ英語字幕を出してひたすら数多く見る、だけやっていればいいんじゃないかと思います。その方が楽しいですし。

英語字幕が大事なところなんで、テレビでやってる日本語字幕のものを見てもあまり役に立ちません。
投資になりますが、DVDを買わなくては。
DVDは、海外から買った方が安いですね。リージョンや信号方式の問題はありますが。私はイギリスのアマゾンから買ってます。PALも見られるプレーヤーを持っているので。

ただ、内容のある会話をするにはやっぱり「書き言葉の音声的インプット」をしないと無理ですよ。

ドラマDVD学習法についてはこちらを。

捨てる英語勉強法<リスニング編>ネイティブ英語は海外ドラマで学ぶ捨てる英語勉強法<リスニング編>ネイティブ英語は海外ドラマで学ぶ
(2010/03/27)
井上 大輔

商品詳細を見る
関連記事

comment

Secret

プロフィール

SH

Author:SH
東京大学大学院総合文化研究科出身。現在、地方の公立大学教授。第二言語習得研究・音声学等の知識をもとに25年以上にわたり英語教育に携わる。
TOEIC990点。
英語のほかいろいろな言語をやってみました。フランス語・ドイツ語・中国語も本を読むことはできます。現在は中国語とロシア語を学習中で、自分の外国語学習理論による多言語習得をめざしています。ハングル能力検定3級合格。

このブログのコメントは承認制にさせていただいています。コメントの掲載については管理者にご一任ください。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
 
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。