スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英語の音声システムについての基礎知識と技能

2012.03.24.00:45

私は静先生の影響もあって発音練習、といいますか正確には「英語の音声システムについての基礎知識と技能」を身につけることをすすめているわけですが、

その理由は、

1.重要であるにもかかわらず、学校ではまじめに教えられていない状況がある。
2.それほど身につける項目が多いわけではなく、少しやればリターンが大きい学習である。

ということがあります。
静先生のブログとか見るとよく書いてありますが、とにかく学校の英語の先生で、発音が下手な人が多すぎるという状況があります(「ありました」と書きたいところですがそうでもないらしい)。
これは前にも書きましたが、英語の教員の需要数に対して必要な英語力を身につけている人材が集められていない状況があるので、本来人に教えるレベルじゃない人も教員になってしまっているらしいです。
たぶん、学校では、英語力よりも生徒指導力の方が重視されているのかもしれません。
「生徒がいい発音をするとクラスの中で浮く」などという現象は、英語の教師の発音がよくてみなが「かっこいい」と思っている限り決して発生しないことです。

また、生徒に英語を「聞かせる」のも量が少なすぎますし、とにかく、音声面の指導が少なすぎです。それを象徴するのが、「教科書にCDがついてない」ということです。今時英語の学習書でCDがついてないものを探すのも大変ですよね。

しかし発音というのはフィジカル・トレーニングですから、やればやっただけすぐに上達していくのです。つまり見返りの多い学習です。
これに対して、文法をとってみると、やればやっただけ上達するわけではないのです。
え?そうなんですか? という声も聞こえてきそうですが、第二言語習得研究によれば、文法の問題をいっしょうけんめい解いたからといって文法ができるようになるとは必ずしも言えないのです。文法に関しては決して「積み上げ」ではないのです。そういう、数学みたいな勉強のしかたが英文法でもできると考えるのはまったく誤りです。
そういう勉強を塾なんかでも教えてますが、それはもう古い学習理論に基づいた正しくない勉強法です。
いや、文法をやらなくていいわけではないんですが、文法問題を解くことによっては文法は身につかないといっています。今それは主題ではないのでおいておきまして、

話を戻しますが、発音に関しては、極端な意見が見られます。

1.いくらやってもネイティブのような発音になるわけではない。
2.だから発音に関しては日本人流でいいんだ。

こういう単純な論法があるのですが、よく考えてみると

1.いくらやってもネイティブのように文法がわかるようにはならない。
2.だから文法はやらなくてもいいんだ。

こういう論理構造と同じわけで、飛躍しているのがわかりますね。

発音練習の目的は、ネイティブ並みになることではなく、「国際的に通じる、ノンネイティブとしての標準レベル」なのです。
そして、発音というのはただ個々の音が標準に近く発音できるということだけではなく、「英語の音声システムの基本的特徴」についての基礎知識を学ぶ、ということでもあります。
それは基本文法と同じように重要なことなのです。

たとえば私が前のレビューであげたような項目、「弱形、帯気音、フラップT、リエゾン、鼻腔開放」など、何のことを言っているのかさっぱりわからない人もいるかもしれません。
しかしそれは、いってみれば、現在完了とは何とか、分詞構文は何っていう話と同じレベルなんですよ。自由に使いこなせるというわけではなくても、知識として知っておくべきことなのですね。
つまり、音声面に対する基礎知識というものがあって、それを知るべきなのだという意識が低いのです。この責任は、それを教えてない中学高校の英語教育にあるのですが。

それはそんなにたいへんなことであるわけではなく、『絶対発音力』や『英語舌のつくり方』を通読すれば身につくようなことなのですから、そんなに時間がかかるものではなく、知ったとすればたいへんにリターンの大きいものになるのです。英語の音が「なぜこのように発音しているのか」がとてもクリアに理解されてきます。というわけで、そういう分野への投資をおすすめするわけです。

英語は実技科目ですからね。正しいセオリーを知り、そして実際にやるだけです。
何が正しいのかを知らなければ努力もしようがありません。知ることから始まるわけです。
関連記事

comment

Secret

プロフィール

SH

Author:SH
東京大学大学院総合文化研究科出身。現在、地方の公立大学教授。第二言語習得研究・音声学等の知識をもとに25年以上にわたり英語教育に携わる。
TOEIC990点。
英語のほかいろいろな言語をやってみました。フランス語・ドイツ語・中国語も本を読むことはできます。現在は中国語とロシア語を学習中で、自分の外国語学習理論による多言語習得をめざしています。ハングル能力検定3級合格。

このブログのコメントは承認制にさせていただいています。コメントの掲載については管理者にご一任ください。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
 
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。