スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

言語類型論と日本語・英語

2010.04.24.10:00

新学期でいそがしかったものでひさびさの更新となりました。その間、読んだ本などをレビューしてみます。

最初に

世界の言語と日本語 改訂版―言語類型論から見た日本語世界の言語と日本語 改訂版―言語類型論から見た日本語
(2009/06)
角田 太作

商品詳細を見る


言語類型論から見た日本語ということです。日本語は世界の言語全体でどういう位置にあるかということですね。
よく「日本語は特殊だ」といわれますが、それは西欧語を基準にした話で、世界的に見れば日本語の文法はそれほど特殊ではありません。たとえば日本語はSOV型の文法ですが、これは世界の言語の中で最も多いのだとか。
そういうことはわかりますが、この本は専門的でちょっとむずかしいですね。わからないところがかなりあったので、斜め読みという感じです。面白いのは、「英語は特殊だ」という章です。

言語類型論入門―言語の普遍性と多様性言語類型論入門―言語の普遍性と多様性
(2006/10)
リンゼイ・J. ウェイリー

商品詳細を見る


これを先に読むべきでした。こちらはむずかしいといってもまだなんとかなります。概説として優れているな~ という感じです。

ただこれらは文法のみにフォーカスしているので、文字体系については触れていませんね。日本語は文法は特に特殊ではないですが、表記法はかなり独特だと思うのです。日本語論としてはそこは入れるべきではないでしょうかね。

これらを読んだ知識から私が考えたことですが、

英語はやはり日本人にとって学びにくい言語だと思います。
英語は日本語と違うSVO型の語順です。また、SVO型言語ではふつう修飾語は後置されるのですが、英語では前置されることもあり、一貫性がありません。
角田氏も指摘するように、疑問文・否定文の作り方が異常に複雑です(このため、それができるようになる過程で、「中間言語」の段階を経ないといけないのでしょう。日本語が「か」をつければ疑問になるというように、「疑問のマーカー」をつければよいという言語も多いそうです)。ドイツ語などは do のような助動詞を使わずすべて倒置で疑問を表しますが、この倒置で疑問というパターンはヨーロッパ語にしか現れないのだそうです。
あと、「何が何でも絶対に主語を入れねばならない(省略不可)」というのも、言語としてはかなり珍しい特徴だそうです。
関連記事

comment

Secret

プロフィール

SH

Author:SH
東京大学大学院総合文化研究科出身。現在、地方の公立大学教授。第二言語習得研究・音声学等の知識をもとに25年以上にわたり英語教育に携わる。
TOEIC990点。
英語のほかいろいろな言語をやってみました。フランス語・ドイツ語・中国語も本を読むことはできます。現在は中国語とロシア語を学習中で、自分の外国語学習理論による多言語習得をめざしています。ハングル能力検定3級合格。

このブログのコメントは承認制にさせていただいています。コメントの掲載については管理者にご一任ください。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
 
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。