スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クセのある英語のリスニング

2012.03.05.23:24

こういう本が出てるのを知って、気になって買ってしまいました。

究極の英語リスニングWORLDWIDE―Standard Vocabulary List1-6 6000語レベルで世界に究極の英語リスニングWORLDWIDE―Standard Vocabulary List1-6 6000語レベルで世界に
(2010/09/30)
英語出版編集部

商品詳細を見る


これはネイティブじゃない英語がけっこう交ぜてあるところがポイントです。
English Journal もそういう特集をたまにしますし、世界の英語についての関心が高まっているのだと思います。ネイティブ一辺倒より健全な状況ですね。

で、こういうクセのある発音の本としてはほかに『ナマった英語のリスニング』とかあると思いますが、このアルクの『究極のリスニング Worldwide』は、究極とありますが実はそんなにむずかしくありません。『ナマった英語のリスニング』がそのまま話を収録しているのに対し、『究極』はあくまで練習用なので、そのクセというのもかなりマイルドなものです。
南部なまりもありますが、かなり聞きやすいです。実際の南部丸出しの英語なんてとてもこんなものではありません! ほとんどわからないものです。

というわけで私にとっては簡単すぎるのですが、言いかえればそういうクセのある英語に慣れてない人の入門用としては向いている、とも言えます。

このアルクのシリーズは全部聞いたわけではありませんが、ダイアログもそこそこに面白くできているので、リスニング教材としてはお勧めではあります。

このワールドワイド版と共に特にお勧めはイギリス英語のデラックス版です。
ここにはイギリス英語の地方なまりも収録されています。といってもこれも現物よりはかなりマイルドになっていますが。
現物は、English Journal でもよく特集をするので触れる機会はありますね。

イギリス英語に慣れるにはよい教材だと思います。

究極のイギリス英語リスニングDeluxe―6000語レベルでUK英語探究究極のイギリス英語リスニングDeluxe―6000語レベルでUK英語探究
(2009/10/29)
英語出版編集部

商品詳細を見る
関連記事

comment

Secret

プロフィール

SH

Author:SH
東京大学大学院総合文化研究科出身。現在、地方の公立大学教授。第二言語習得研究・音声学等の知識をもとに25年以上にわたり英語教育に携わる。
TOEIC990点。
英語のほかいろいろな言語をやってみました。フランス語・ドイツ語・中国語も本を読むことはできます。現在は中国語とロシア語を学習中で、自分の外国語学習理論による多言語習得をめざしています。ハングル能力検定3級合格。

このブログのコメントは承認制にさせていただいています。コメントの掲載については管理者にご一任ください。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
 
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。