スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニュース英語リスニングの進め方

2011.12.13.23:36

このまえ『CNNニュース・リスニング』を紹介しました。聞き取りやすく録音しなおした音声を入れ、さらにポーズつきも入れてリピーティングやシャドーイングもしやすいようにしているという意味では入門として好適です。

ですが、ニュースとしては20本しかないわけなので、慣れてきたら次の本がお得感があると思うのですね。

AFN/VOAニュースフラッシュ2011年度版AFN/VOAニュースフラッシュ2011年度版
(2011/04/27)
津吉 襄

商品詳細を見る


2010年までVOAとAFNは別々だったのですが統合されてCD2枚つきになりました。ボリューム感があります。

まあたしかに、音声とスクリプトのセットがほしければネットでたくさん拾えますけれども、それもめんどくさいですし、こういうふうにまとまっている本も利用価値があると思います。
例によってアルクの本は、最初に見ないで聞けと書いてありますがそれは無視し、最初からスクリプトを見てください。

どういう時にスクリプトを見ないのかと言えば、そのテキストをざっと見て、ほとんど知らない単語がなく、楽々と速読できてしまう英文ならば、見ないで聞いてみるのもいいです。
ですが、単語も知らないし、よく考えないと意味がわからないような英文を、見ないで聞こうとするのはほとんど無意味な行為です。
こういうニュース英語は、読解としてのレベルはTOEICよりずっと高いのです。見ないで聞こうとするのは、TOEICリスニング満点を取ってからでも遅くないのです。
ニュース英語は、まず、読解力のレベルを上げるためにやる教材なのです。それに音声がついていて耳からもインプットできるという意味なのです。ですからまず読んで、解説や和訳を読み理解してから音声を聞いた方が効率的です。
アルクがすすめる勉強法はTOEIC990点を取ってからやる勉強法です。まどわされてはいけません。
スクリプトを見るべきかどうかは、その英文レベルと自分のレベルとの相関によって変わってきます。一律にこうすべきと言えるようなものではないのです。

ずばりと言ってしまえば、ニュース英語は、TOEIC900点前後の人がそれ以上(990点やそれより上のレベル)に行くために読解力レベルを上げるときに使うのが、いちばん効率的だと思います。
関連記事

comment

Secret

プロフィール

SH

Author:SH
東京大学大学院総合文化研究科出身。現在、地方の公立大学教授。第二言語習得研究・音声学等の知識をもとに25年以上にわたり英語教育に携わる。
TOEIC990点。
英語のほかいろいろな言語をやってみました。フランス語・ドイツ語・中国語も本を読むことはできます。現在は中国語とロシア語を学習中で、自分の外国語学習理論による多言語習得をめざしています。ハングル能力検定3級合格。

このブログのコメントは承認制にさせていただいています。コメントの掲載については管理者にご一任ください。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
 
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。