スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The NEWSHOUR リスニング

2011.12.09.21:15

教材レビューです。
PBSの NewsHour を教材にしたリスニング教材ですね。
なかなかいい本ですね。リスニング本としてはオーソドックスに、少しずつ段階的にヒントを与えて聞き取らせるシステムです。が、このトレーニングも必要ですが、単純に、スクリプトを見ながら音声を聞き、何回かやって見ないで聞けるようにする、というトレーニングを量こなすことも大切なのだ、というのは前に書いたとおりです。その基礎トレーニングをやらずに、わからないものを聞き取る練習だけをしても効果が限られます。

問題は、出版が古いですね。特に2の初のユニットはコンピュータ関係ですからよけいに古さを感じます。とは言っても、裏をかえせば、それだけロングセラーともいえます。ニュース英語の本としてはたぶん最も上級向きの内容でしょう。

実はPBSのニュースアワーはいま、インターネットでスクリプトつきで映像が見られます。和訳や語注が必要なく、自分で調べられる力がある人は、サイトでいくらでも良質の教材が無料で見られるわけで、こういう本は必要ないと言うべきでしょう。ただ、その英語がちょっとむずかしく感じる人は、この本で慣れてからそれを見る、ということも可能でしょう。
無料で見られてしまうので、こういう本が新たに出る可能性はもうないですね。PBSを題材にした本として貴重な存在です。

ただこのニュースアワーは(CNNもそうなのですが)、上級向きです。本には、TOEICのリスニング対策にも最適と書いてありますが、それは単なる営業文句で、まったく最適ではありません。TOEIC600以上というのも大いなる営業トークです。はっきり言えば、おすすめはTOEIC950以上だと思います。少なくとも900以下の人は、ニュース英語をやる必要はない、というのが私の考えですので。オーディオブックなどでもっとやさしい英語のオーディオが入手できるのですから、そちらを先に聞けるようになるべきです。

ニュース英語にこれから入門する人は CNN Digest のほうがいいです。放送音声とともに聞きやすい音声が一緒にあるので、それで徐々に慣れ、ニュース英語に慣れてきたらPBSのサイトでひたすらスクリプトを見ながら聞き、それから映像を見ながら聞き、というトレーニングを繰り返すのが順序としてよさそうです。
これがスクリプトを見ずにわかったら、TOEIC990は余裕と言ってもいいでしょう。TOEICとは全然レベルが違いますので。

というわけでこの本の位置づけは今や微妙なところではありますが、中古で安く買えたりしますので、選択としてはあり得るものだと思います。

The NEWSHOURリスニング―NHK BS英語ニュースを聴きこなす (2)The NEWSHOURリスニング―NHK BS英語ニュースを聴きこなす (2)
(2000/04)
宮野 智靖、生月 亘 他

商品詳細を見る


The NEWSHOURリスニング―NHK BS英語ニュースを聴きこなすThe NEWSHOURリスニング―NHK BS英語ニュースを聴きこなす
(1999/05)
宮野 智靖

商品詳細を見る
関連記事

comment

Secret

No title

2011.12.13.20:16

はじめまして。
英語の勉強を半分趣味でしています。
リスニングの勉強法で参考になりました。ありがとうございます。

ひとつ質問があります。
『多聴・リスニング学習のおすすめ』の記事に納得して、最初からスクリプトを見てリスニングをしています。
それまでは、いろいろな本に書いてあるように、律儀に3回は何も見ずに音だけ聞いて……、みたいに勉強してました。
ただ、音読についてなんですが、それまでは50回くらい音読してスムーズに英語を言えるようにすることも1つの目標だったんですが、リスニング主体にしたところ、リスニングはいいのですが、試しに音読しようとすると、うまく読めないことが多いのです。
リスニングと音読、アドバイスがあればいただければ幸いです。

Re: No title

2011.12.13.21:57

こんにちは。
音読はまた音読でやり方を学習するのがおすすめです。リスニングを大量にするのでも自然と伸びる要素はありますが、音読のスキルの中には、個々の音素を正確にするだけでなく、音のつながりや文全体の強勢リズムなどがあり、それはそれでべつに学習する必要があります。おすすめは『絶対発音力』の後半のセクションで、そういうリズム的なものが学習できます。基本をマスターしたら歌をやるのがリズムの学習には効果的です。『絶対発音力』の最後にも歌がありますが、さらに歌をするには柏木厚子『英語で歌おう!ポップスの名曲からマザーグースまで』(アルク)がおすすめです。

No title

2011.12.14.00:01

さっそくお答えくださりありがとうございます。

わたしは音読の当面の目的はリスニング力をつけるためでした。

その目的には音読ではなくスクリプトのある文の多聴リスニングの方が効果があるとういことでよろしいでしょうか?ちなみにNHKの実践ビジネス英語をしてます。

英語は半分趣味なんですが、半分は仕事で使うこともありTOEICで高得点をとらないといけません。TOEICリスニングでベストスコアが480点で、ご存知のように少なくとも満点とらないと最低限英語を聞き取れてるとは言えないので、この際TOEICを利用してリスニングを集中的に勉強しようと思っているところでした。

ですのでリスニングに時間を割いて、残りの時間でオススメの本で音読をチャレンジしたいと思います。

ありがとうございます。

Re: No title

2011.12.14.00:10

そうですね、リスニング力の上達が目的でしたら音声とスクリプトのセットを多数こなしていくので十分だと思います。
音読は音読で力のつく学習法なんですが、文のレベルでの強弱とか、そういう音声面の基礎をあまりわかってないまま難しい英文をシャドーイングしたりして苦労している人もいますね。
音読で900を取ったとか書いている人がいますが、それは、もともと基礎力がなかったのを音読で基礎力をつけたのです。
いま最高480まで行けているのであれば、TOEICレベルの英文の大量リスニングで、コンスタントに480以上が取れるようになれると思います。

No title

2011.12.14.21:24

ありがとうございます。本当に参考になりました。

絶対発音力を注文しておきましたので、時間があいたら音読もやりつつ、とりあえずアドバイス通りにリスニング強化をしてみたいと思います。

プロフィール

SH

Author:SH
東京大学大学院総合文化研究科出身。現在、地方の公立大学教授。第二言語習得研究・音声学等の知識をもとに25年以上にわたり英語教育に携わる。
TOEIC990点。
英語のほかいろいろな言語をやってみました。フランス語・ドイツ語・中国語も本を読むことはできます。現在は中国語とロシア語を学習中で、自分の外国語学習理論による多言語習得をめざしています。ハングル能力検定3級合格。

このブログのコメントは承認制にさせていただいています。コメントの掲載については管理者にご一任ください。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
 
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。