スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エクスプレスEゲイト英和辞典

2011.12.07.19:48

英語の学習辞典としておすすめしたいのが『エクスプレスEゲイト辞典』です。
これは語彙は5万弱なのですが、田中茂範さんによる「基本語のコアイメージ」が詳しくのっています。
田中さんや大西さんのコアイメージの単語集を買うのもいいのですが、こういう基礎的な辞典もいいものです。

英和辞典は、通常、中学生用・高校生用・一般用・・などと分かれています。
が、高校生用といわれる『ジーニアス』などは、大半の高校生にはオーバースペック、難しすぎるのが現状です。高校生といっても難関大学を志望する上位層に限った話です。大半の高校生は、この『エクスプレスEゲイト』のような5万前後の語彙数の辞典でもいいのです。この辞典の前書きには、高校生または中学生の上位層向きと書いてあって、決してこれは「中学生用」としては作っていないわけです。
高校生向きといわれている辞典は難関大学の入試問題に対応するように作られているので、そういうレベルのリーディングをするわけではない人にとってはむしろその下の、4~5万語レベルの辞典のほうが使いやすかったりすることもあるわけです。

英語以外でいえば『クラウン独和』とか『クラウン仏和』なんかもこのレベルです。ですが、私はいまだにこれを使ってドイツ語・フランス語の専門文献を読むのにそれほど苦労することはありません。
ですので、普段使いとしては4~5万語レベルの辞書を使って、それでのってない時のために『リーダーズ』などを持っておく、という方がいいのではないかと思います。
そこで、4~5万レベルから選ぶなら『エクスプレスEゲイト』ということになるわけです。コアイメージの図解は紙の辞書ならではです。
それ以上を望むならリーダーズやジーニアス英和大辞典、そしてオックスフォードやロングマンの英英辞典などが入っている電子辞書を選べばいいのであって、細かい字でぎっしり書いてある紙のジーニアス(とかそのレベルの英和辞典)は今や中途半端な存在ではないかと思っています。

エクスプレスEゲイト英和辞典エクスプレスEゲイト英和辞典
(2007/03)
田中 茂範、 他

商品詳細を見る


なお同レベルの辞書としては『エースクラウン英和辞典』もよくできていると思います。

関連記事

comment

Secret

プロフィール

SH

Author:SH
東京大学大学院総合文化研究科出身。現在、地方の公立大学教授。第二言語習得研究・音声学等の知識をもとに25年以上にわたり英語教育に携わる。
TOEIC990点。
英語のほかいろいろな言語をやってみました。フランス語・ドイツ語・中国語も本を読むことはできます。現在は中国語とロシア語を学習中で、自分の外国語学習理論による多言語習得をめざしています。ハングル能力検定3級合格。

このブログのコメントは承認制にさせていただいています。コメントの掲載については管理者にご一任ください。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
 
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。