スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

多聴・リスニング学習のおすすめ

2011.11.22.19:56

次に、多聴向け教材を紹介します。

多聴といっても、細かいところを気にせず大要だけわかればいい、という聴き方を推奨する人もありますが、私はそうではなく、最初からスクリプトを見ながら聞くことをおすすめしてます。

リスニング教材で、スクリプトを見ないでどれだけわかるかまず聞いて、それからいろいろヒントを出しながらだんだん聞き取っていく、という構成をしているものがあります。このやり方もわからないものを聞かねばならない状況に慣れるためには一定の効果はあります。

ですが、リスニングというのはもっと簡単に、スクリプトを見ながら何度も聞いて、そのうちにスクリプトなしで聞いてわかるようになる、ということだけをたくさんやっていけばいいんですよ。ですから、教材としては基本的に、自分が楽にわかるレベルの英語で音声とスクリプトがセットになっているものなら何でもいいんです。

しかしただそれだけでは何となくリスニングの勉強をした気にならない人も多いですから、本を作るサイドとしてはいかにも勉強をするぞ、というぐあいにいろいろな課題を設定したようなつくりにしないとあまり買ってもらえないわけです。そういう事情があることも理解してください。

ですので、リスニング本におすすめの勉強法として、初めは見ないで聞け、そして・・とかなんとか書いてあってもそういうのは無視して、ただ初めはスクリプトを見ながら聞き、何度も聞いて見ないで聞けるようにする、ということだけやれば十分なんです。アルクの本には必ず最初は見ないで聞けと書いてありますがそれは無視しましょう。

最近は音読ブームで、音読用の本としてCDとスクリプトがセットの本がだいぶ出てきてますが、それも音読はやってもやらなくてもいいので、リスニング教材としてのみ使うやり方も十分OKです。

たとえばこういうものです。

英語で読む 日本昔ばなし Book 1英語で読む 日本昔ばなし Book 1
(2005/07/05)
ジャパンタイムズ「週刊ST」

商品詳細を見る


英語のレベルは英検準2級くらいだと思います。多くの人はこのくらいから始めるのがちょうどいいでしょう(もっとやさしくてもいいですが)。
どこがいいかというと、内容をすでに知っている話なので、推測がきくからです。「おじいさんは山に柴刈りに」は the old man would go into the mountains to collect firewood だとか、日本語で知っていることを英語でどう言うかがわかるのもいいですね。
そのように「最初は知っている話から始める」がスムーズに学習に入れるポイントです。その意味でこのシリーズはいいと思います。伊藤サムさんおすすめだけのことはありますね。

TOEIC900点以上のレベルの人にはアルクから出ているAFNアナウンスメントのシリーズがおすすめです。
これは米軍の公共CMですが、プロの声優が録音していますのでふつうのリスニング本とは全然おもしろさが違います。TOEICなどと違っていかにも「生」っぽい雰囲気がありますので、米軍という特殊な環境のものではありますが、アメリカ本土に行っても通じるリスニング力が鍛えられます。下の本のほかあと2冊あります。よっぽど米軍がきらいな人は別ですが、教材として優れていると思います。

AFN最強の生英語リスニング―スポット・アナウンスメントAFN最強の生英語リスニング―スポット・アナウンスメント
(2007/01/21)
不明

商品詳細を見る
関連記事

comment

Secret

プロフィール

SH

Author:SH
東京大学大学院総合文化研究科出身。現在、地方の公立大学教授。第二言語習得研究・音声学等の知識をもとに25年以上にわたり英語教育に携わる。
TOEIC990点。
英語のほかいろいろな言語をやってみました。フランス語・ドイツ語・中国語も本を読むことはできます。現在は中国語とロシア語を学習中で、自分の外国語学習理論による多言語習得をめざしています。ハングル能力検定3級合格。

このブログのコメントは承認制にさせていただいています。コメントの掲載については管理者にご一任ください。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
 
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。