スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英語学習・レベル別の道筋

2011.10.28.12:58

そこで、私がおすすめしたい英語学習ステップを書いてみます。

まず、発音、つまり英語の音のシステムについての理解と練習をやっていない人は、最初にそれを手当てします。それをやっていないと、音読ができないからです。音読の練習が、トンデモ発音でやっているとせっかくやってもインプットとしての効果が得られないので、ものすごい損をします。

それから、初級から上級まで、レベル別に多読をやります。Graded Readerなどを使います。
適宜、和訳・解説・CDつきの教材を使って、音読などもいいでしょう。

初級の人は、まず英検を示標にするといいでしょう。準2級から2級になるくらいまでは英検をメインにします。その段階では、TOEICの英語はレベルが合っていないので不適当です。

そして2級に手が届くくらいからTOEICを始めて、800点台をめざします。これは公式問題集の学習がメインになるでしょう。
そして800点台になったら脱TOEICを考え始め、もっと本格的な(やさしくしていない)英語を教材とした学習に徐々にシフトしていきます。
たとえば「English Journal」とか「CNN English Express」みたいな教材は、800点以上の人におすすめです。その以下の人にはちょっとレベルが高すぎます。そういうふうな上級向き教材がいろいろとありますので、TOEIC問題集よりそっちの方が効果的です。また英語字幕でDVDを見るという方法が効果があるのもこの800点台からだと思います。
というわけで、実は、800点台までいけばいろいろ楽しい選択肢がいろいろあるのですから、TOEICにこだわる必要はないだろう、ということです。

そうやってTOEIC以外の勉強を楽しみつつある程度やって、またTOEICを試しに受けてみようという時に、またちょっとイクフン本みたいな対策をやって受けてみるのです。そうするといつのまにかスコアアップしているということになります。
関連記事

comment

Secret

ためになります

2011.10.29.10:49

ハレイさん

こんにちは、いつも拝見させていただいております。

又、Andyさんのブログではお世話になっております。
(イクフン1200の解説ありがとうございました)

いつもながら感じるのですが、記事を読んで考えさせられることが多く、ためになります。

とりわけ、以下は、本当に自分にあてはまると思ってます。

”「6000語以上のレベルのナチュラルスピードの英語で90%わかる」
これが900点前後の人が進むべき方向なのです。”

”900というと、柔道とか将棋とかにたとえれば二段くらいの感じです。集中的に努力すれば誰でもその程度はいきます。”

900というスコアは昔、自分も神の領域だと思っていたのですが、実はそこがスタートラインだったと、獲得して思ったことがあります。
(確かに、TOEICで900Over取れた時は、凄くうれしかったのですが)

将棋も二段持ってますが、まさしくそんな感じです。
アマ名人には、ほど遠いです。

ちなみにですが、自分は相当の「スポ根」で今までやってきました。
TOEIC400レベルから900いくまでは、森沢さんの上達マップにあることを忠実に実践してきました。
(400台から900台まで、2年半くらいかかりました。結果的には良かったと持ってますが。)

身近にハレイさんのような考えをお持ちの方と出会えていれば、もう少し時間短縮できた気もします。

ただ、本気で英語をマスターしてやろうと考えている人は、相当勉強しているでは?、というのが自分が痛感していることでもあります。

なんだか取りとめの無いコメントになりましたが、今後とも色々と役立つことを教えていただければと思います。




Re: ためになります

2011.10.29.23:42

こんにちは。コメントありがとうございます(^^)
始めた頃は、二段くらいでも恐ろしいほど上に感じられますよね。

私も毎日一時間以上は英語を聴いたり読んだりしています。
けっきょく、ふつうの本とかDVDとか、そういう特に教材として作られたものじゃないものがストレスなくわかるようになると、いくらでも英語をやりつづけることができるんですよね。
ストレスがあるから、続けるのが大変なわけです。

ドラマとか見ていればあっという間に一時間くらいたってしまうわけですが、私もたとえば韓国語を一時間聴こうと思ったら、テキスト付属のCDを聴くしかなくて、同じものを何度も何度も聞かないといけないわけです。これはけっこうたいへんです。私は数種類を用意してとっかえひっかえやるようにしますが、それでも一時間はなかなかできません。

というように、ある程度までいくまではストレスがかかりますが、あるレベルを超えてしまうとものすごく楽になってしまいます。それがだいたい6000語くらいのレベルというわけです。

まず、ニュース英語の本あたりから始めるといいですよ。
最初はVOAとかがいいんじゃないでしょうか。
プロフィール

SH

Author:SH
東京大学大学院総合文化研究科出身。現在、地方の公立大学教授。第二言語習得研究・音声学等の知識をもとに25年以上にわたり英語教育に携わる。
TOEIC990点。
英語のほかいろいろな言語をやってみました。フランス語・ドイツ語・中国語も本を読むことはできます。現在は中国語とロシア語を学習中で、自分の外国語学習理論による多言語習得をめざしています。ハングル能力検定3級合格。

このブログのコメントは承認制にさせていただいています。コメントの掲載については管理者にご一任ください。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
 
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。