スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英文法書の決定版? 『一億人の英文法』

2011.10.19.23:20

ついに出ました。大西さんの待望の、体系的英文法書です。
はっきり言って衝撃を受けました。こういう本を期待していたけれどまさかこれほどのものとは・・
これまでイメージで英文法を語るものは大西さん自身のものを含めいくらか出てはいましたが、英文法のほんとうに全体を、完全にその「キモチ」に沿ってすべて説明しきってしまった、これはすごいことです。
すべての英語本の中でも10年、20年に一度くらいの名著だと思います。
中学レベルからでも読めますので、すべての英語学習者、英語教師がこの本を読破することをおすすめします。

一億人の英文法―すべての日本人に贈る「話すため」の英文法 (東進ブックス)一億人の英文法―すべての日本人に贈る「話すため」の英文法 (東進ブックス)
(2011/09)
大西 泰斗、ポール マクベイ 他

商品詳細を見る


それから、この分野のもう一人の雄、田中茂範さんの英文法書もほぼ同時期に出ました。

これならわかる、使える そうだったのか★英文法 (田中茂範先生のなるほど講義録1)これならわかる、使える そうだったのか★英文法 (田中茂範先生のなるほど講義録1)
(2011/08/27)
田中 茂範

商品詳細を見る


これも読み比べてみるといいですね。ただ、包括性においては大西さんの本の方が優れています。というのは、英語の基本構造である「語順」についていろいろと説明してあるからです。田中さんのこの本は、いろいろトピックをあげて説明する形なので網羅的とは言えません。とはいえ私もこの本を読んで初めて気づいたことがあったので、内容的には深いですね。
田中さんのほかの英文法書も優れたものがありますが、基本的に中級以上向きです。大西さんの本は初級者でもわかるように書いてあるところがすごいです。

イメージで捉える感覚英文法―認知文法を参照した英語学習法 (開拓社言語・文化選書)イメージで捉える感覚英文法―認知文法を参照した英語学習法 (開拓社言語・文化選書)
(2010/10)
今井 隆夫

商品詳細を見る


あと、この本も出ました。参考のために買いましたが、レイアウト的には圧倒的に地味ですね。出版社のキャラクターもあるのでしょうが。内容のほうはまだ読んでないのでわかりません。気になるタイトルではあります。

と、いろいろ英文法も進歩してきました。まだまだ、チマタにある文法書は感覚にもとづかない「学校文法」をいかに効率よく教えるかという観点のものが多いです。中学英語のやり直し本とかありますが、それも結局は学校文法を復習するだけなので、やり直し派の人も、これからは『一億人の英文法』をさあっと、一週間くらいで一気に読破してしまうことをおすすめします。もう中途半端なやり直し本はいりません。そして、中級・上級の人も絶対に読むべきです。英語がわかるというのはどういうことかがわかります。いや、これはほんとに革命です。こんな本はめったに出ません。
関連記事

comment

Secret

プロフィール

SH

Author:SH
東京大学大学院総合文化研究科出身。現在、地方の公立大学教授。第二言語習得研究・音声学等の知識をもとに25年以上にわたり英語教育に携わる。
TOEIC990点。
英語のほかいろいろな言語をやってみました。フランス語・ドイツ語・中国語も本を読むことはできます。現在は中国語とロシア語を学習中で、自分の外国語学習理論による多言語習得をめざしています。ハングル能力検定3級合格。

このブログのコメントは承認制にさせていただいています。コメントの掲載については管理者にご一任ください。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
 
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。