スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外国語学習のストラテジー

2011.09.30.21:17

これまでいろいろ考えてきたり自分で試してきた外国語学習法について一度まとめてみよう、と考え始めてます。教えるのを商売にするからには本を出しているのもアドバンテージではありますし。

第二言語習得研究(SLA)と学習の「現場」とをどうつなぐか、ということもテーマです。ただ、これまではみな教室でどう教えるか、という応用ばかりで、独学者のための学習ストラテジーという話はあまり出てきてないです。そのあたりの試みですね。

現実的には、ゼロから理想のやり方で外国語を始められる人はいなくて、もうすでに日本の英語教育を受けてしまっているわけで、その問題点をどうフォローするか、という話が実際的なものとしては浮上するはずです。そのあたりは応用言語学の研究者などはやらない世界なので、そういう知識はとても不足しています。

あとSLAではほとんど話題にはならないんですが、現実的には、ターゲットとする言語に応じて学習ストラテジーは変わってくると思います。
つまり、相手が英語なのか、フランス語、ドイツ語などのヨーロッパ語なのか、中国語、韓国語なのかによって、方法は変えていくということです。
英語の場合はさっき書いたように、現実にいろいろ問題のある方法で英語教育を受けてしまった、という現状から出発しないといけないということがありますし、
中国語の場合は、字を見るとだいたいわかってしまう、文法がすごく単純、発音がむずかしい、字の中国音をマスターしなければならないなど、日本人特有の問題があります。
また韓国語の場合は中国語とは逆に字が見慣れない、しかし文法は日本語とすごく近いという特質があり、またやってみてわかったことですが、音変化がけっこう多くて文字の通りに発音されない場合があることもポイントになります。

私もいろいろ外国語をやってみましたが、初級レベルを突破できたのは英語のほかはフランス語、ドイツ語、中国語、韓国語くらいですね。もっとも、会話はできませんが。
一つ感じたのは、とにかくある程度の語彙を身につけなければダメだということです。イタリア語、スペイン語は文法がフランス語と同じようなので簡単だったんですが、それでもあまりよくできないのは結局基礎単語力が不足しているせいだと思います。
最初の頻度順1000語、次に2000語、3000語とターゲットを定めてやっていくのが理想的で、さらにいえば、語彙数のコントロールされた多読教材がそろっているかどうかで、習得しやすさはずいぶん違ってきますね。
関連記事

comment

Secret

プロフィール

SH

Author:SH
東京大学大学院総合文化研究科出身。現在、地方の公立大学教授。第二言語習得研究・音声学等の知識をもとに25年以上にわたり英語教育に携わる。
TOEIC990点。
英語のほかいろいろな言語をやってみました。フランス語・ドイツ語・中国語も本を読むことはできます。現在は中国語とロシア語を学習中で、自分の外国語学習理論による多言語習得をめざしています。ハングル能力検定3級合格。

このブログのコメントは承認制にさせていただいています。コメントの掲載については管理者にご一任ください。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
 
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。