スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国語基本文法練習帳

2011.09.25.13:49

前田式がけっこう楽しくて毎日やってるうちに、終わりに近づきました。
もちろん何度か読み返したり、CDを聞き、音読したりもするつもりですが、とりあえず、次の本はないかなということで本屋に行ってみました。

韓国語基本文法練習帳韓国語基本文法練習帳
(2010/01)
ユン ソンギョン

商品詳細を見る


これはアマゾンで目をつけていたんですが、見たら良さそうなので買ってきました。
基本文法の復習、確認のための本ですね。整理の仕方がわかりやすいです。

こういう本って初級者用に見えて、実は中級者のためのものなんですよ。
というのは、文法というのはある程度、データとなるものが自分の中にインプットされていて、それをちょっと整理しようという時に見ていくのがいちばん効果的なんですよね。
最初から、こういう文法規則だけを習って頭だけでその語形変化を練習したってたいして身につかないんです。中学なんかの勉強のさせ方の間違いはそこですね。
たとえば韓国語では「コマプタ」という動詞の不規則な変化形で「コマウォヨ」というのがあるんですが、どうしてそうなるかということは、まず「コマウォヨ」という形を何度も見たことがあるという経験があると、ぜんぜん理解度が違うのです。

外国語とは「データ収集」であって、それを整理していくという形で進むのです。
そのデータ整理の過程でいわゆる「中間言語」という、「本当に正しくはないが自分なりにルールを想定している」という段階があるというわけですね。

それからこれも衝動買い。
単語集としては異例なほどカラフルですね。
まあ、用言の活用の種類が書いてないとか、そういう問題もあるんですが。
単語集って結局「開きたくなる」というデザイン的要素も大きいような気がします。

絵でおぼえる韓国語単語―韓国文化がまるごと見える!50テーマ絵でおぼえる韓国語単語―韓国文化がまるごと見える!50テーマ
(2005/12)
金 貞姫

商品詳細を見る


単語集というのはその本だけで覚えるためのものではありません。その単語を「見た回数」を増やすということです。見たことがある単語が文章の中とかに出てきたときに、その理解度が違ってきます。そのためにあるものなので、単語集は「覚えたかどうか」のチェックは不要です。本見ながらCDを聞いて終わりにしていいのです。ただ、何周やったかだけです。

私のこれからのポリシーとしては、基本文法のチェックとともに、とにかく多読・多聴です。できるだけいろいろ、日本語対照で読み、その音声を聞くことですね。
それから、その全部ではありませんが音読をする、そんな感じでしょうか。
関連記事

comment

Secret

プロフィール

SH

Author:SH
東京大学大学院総合文化研究科出身。現在、地方の公立大学教授。第二言語習得研究・音声学等の知識をもとに25年以上にわたり英語教育に携わる。
TOEIC990点。
英語のほかいろいろな言語をやってみました。フランス語・ドイツ語・中国語も本を読むことはできます。現在は中国語とロシア語を学習中で、自分の外国語学習理論による多言語習得をめざしています。ハングル能力検定3級合格。

このブログのコメントは承認制にさせていただいています。コメントの掲載については管理者にご一任ください。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
 
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。