スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国TOEIC事情

2011.08.22.22:46

少し、ヨウンシガンTOEIC実戦1200リスニングをやってみたんですけどね、
いい問題集だと思いました。かなり、本番の感覚に近いものがあります。ただ、ちょっと聞き取りにくい人をまぜてあるので、若干負荷がかかりますが、そんなに難しすぎるということもなく、ですね。このヨウンシガンの問題ならば誤答5つ以下で495点とれるでしょう。イクフンの解きまくれよりは若干やさしいと思いました。それより本番に近いですね。鍛えるというよりほんとに本番のシミュレーションという感じでできます。パート2だけは若干本番より難度が高いかもしれません(4回までやった感想です)。

yeonsigang.jpg


ところでこの本に紙がはさまっていたんですけどね、
ヒマなので辞書を出して読んでみると、「TOEICの大学卒業認定への活用状況」って書いてあります。
つまりTOEICの点数を卒業要件にしている大学があるらしいのです。その数は27ですね。
日本では大学っていってもいろいろあって、あんまり高校で成績がよくなかった人も簡単に入れてしまいますが、それは世界標準ではないので、ふつうは大学っていったらばなかなか大変なものです。日本ではTOEICの点数を進級要件にしたら、大量に留年者が出てしまったというニュースがあったように記憶してます。

その韓国の大学の卒業要件がなかなか高い。たとえばソウル市立大学は、英語英文学学科は800点、社会系列750点、人文系列700点、自然・工学系列650点、とかあります。釜山教育大も800点。
何年入学から適用なんていう項目を見ると、年々その点数が上がっているのがわかります。釜山大学では2010年度生から50点あげてます。
日本の大学生で卒業までに750点や800点を取る人ってどれくらいいるでしょうか?

私は靜先生のブログをよく見るのですが、今の英語教師はとにかく英語ができない、とことあるごとに書いてあります。
なぜ英語教員の免許を取るのにそういう点数基準を設けないのでしょうか?(必ずしもTOEICを使わなくてもいいですけど)
現役の英語教員がTOEICを受けたら平均どのくらいの点数になるのでしょうか。
英語関係の学科は800点くらい取れないと卒業できないようにすべきですが、この過当競争の中、それをしてしまうと経営が成り立たなくなるのです。困ったものですね。

言いたいことをはっきり言ってしまいますが、800点も取れない人が教師になっちゃいけない。
塾なんかでは、600点もいかない大学生が英語を教えていたりしますが、そういうのは英語教育と言えるのでしょうかね。
日本は、英語を教える人の英語力が低すぎるというか、逆に言えば、需要に比してよい英語教師の供給ができていない状態にあると言えます。
そんなわけで、英語教育に関しては韓国にはたちうちできません。
日本の英語教育のどこに問題があるかは過去に書いたので繰り返しませんが。

ともあれ、韓国でTOEICが過熱しているのは、そういう事情もあるのです。それに当然、就職にあたっても点数が求められるみたいですね。
TOEICブロガーの皆様みたいに、英語自体が好きで勉強する人は少数派ですので・・やはり、せっぱつまらないと人間、あまり勉強しないものだと思います。
関連記事

comment

Secret

英語教師の現状

2011.08.23.20:21

ハレイさん、こんばんわ。

>現役の英語教員がTOEICを受けたら平均どのくらいの点数になるのでしょうか。

そもそも現役英語教員はTOEICを受けません(爆)
自腹で日曜日返上でTOEICを受験していた先生をこの3年間見ていません。私も895点なので偉そうなことはいえませんが…。
ちなみに教員採用試験では、英検1級とTOEIC900以上で1次試験の専門試験を免除する都道府県が多いです。
神奈川県はTOEIC780と低めです。

>そんなわけで、英語教育に関しては韓国にはたちうちできません。

以前、AERA ENGLISHで韓国の大学生の特集をしていましたが、日本の大学生に比べて向学心と勉強量が半端ありません!
日本の個別指導塾でなんちゃって大学生(TOEIC500弱)が英語を教えているのが現状です。

いずれにせよTOEIC先進国韓国から学ぶことは多いです。
とにかく勉強量だけでも見習わないとと思います。

Re: 英語教師の現状

2011.08.23.21:06

こんにちは
いや、ほんと、k2さんみたいな志の高い方は貴重な存在ですよ。
これからもご活躍を期待しております。

聞いた話ですが、韓国では学校の英語授業でも翻訳(韓国語訳ですね)を基本的にしないそうです。
TOEICみたいな方式の試験が基本みたいですね。

ただすごい競争社会で、おまけに兵役もあるんですから、大変と言えばたいへんですね。韓国人に生まれたかったかというと、そうでもないです(^_^;

No title

2012.11.25.16:35

数年前の読売新聞の発表では、TOEIC730点をクリアーしているのは、中学の英語の先生で1割、高校の先生で2割です。「韓国の大学の卒業要件がなかなか高い。たとえばソウル市立大学は、英語英文学学科は800点ー中略ー釜山教育大も800点。」ですが、やはり日本の大学の「英語力向上は生徒個人でやりなさい」というパターンは上手く行かないと思います。大学が、プログラム上で生徒の英語力を伸ばさないとダメだと思います。これが多くの問題の根源ですね。英語科、英語教育科、英文科が学生の英語習得教育に失敗し、卒業した学生が英語力が低いレベルで教員となり、生徒に自分の教わったパターンで教える・・・。英語の先生にも生徒にも非常に不幸な状況だと思います。
プロフィール

SH

Author:SH
東京大学大学院総合文化研究科出身。現在、地方の公立大学教授。第二言語習得研究・音声学等の知識をもとに25年以上にわたり英語教育に携わる。
TOEIC990点。
英語のほかいろいろな言語をやってみました。フランス語・ドイツ語・中国語も本を読むことはできます。現在は中国語とロシア語を学習中で、自分の外国語学習理論による多言語習得をめざしています。ハングル能力検定3級合格。

このブログのコメントは承認制にさせていただいています。コメントの掲載については管理者にご一任ください。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
 
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。