スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓流模試本とりあえずの感想

2011.08.20.23:34

私はTOEICの英語だけをやっているわけではないので、買い込んだ韓流本をこなすのは時間がかかりそうです。
ヨウンシガンLCを2回と、エコノミー2(日本版の10回模試)1回分やってみました。
ヨウンシガンは標準的、エコノミーはそれより多少むずかしいのは確かなようです。意図的だと思いますが、先読みの時間が少なくなるよう、問題の間隔が短くなってるのではないでしょうか? すぐに次が始まるという感じがありましたね(でもこれは、問題別ファイルを聞いてるせいかもしれません。本は日本版ですが、mp3は分割ファイルを入手してやっているので)。なおテスト1に関してはそれほど強いなまりはありません。
エコノミーの方が私には合っているように思えるので、まずこのシリーズを先にやろうと思います。

「10回模試」には「上級者の実力磨きにも、初級者の得点アップにも!」と書いてありますが、初級者には向いてません。上級者の実力磨き限定だと思います。
(エコノミー2の韓流本を買えばいいんですけどね、その前に『本番攻略リスニング10回模試』を買ってしまっていたので)
関連記事

comment

Secret

プロフィール

SH

Author:SH
東京大学大学院総合文化研究科出身。現在、地方の公立大学教授。第二言語習得研究・音声学等の知識をもとに25年以上にわたり英語教育に携わる。
TOEIC990点。
英語のほかいろいろな言語をやってみました。フランス語・ドイツ語・中国語も本を読むことはできます。現在は中国語とロシア語を学習中で、自分の外国語学習理論による多言語習得をめざしています。ハングル能力検定3級合格。

このブログのコメントは承認制にさせていただいています。コメントの掲載については管理者にご一任ください。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
 
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。