スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

単語をどのように増やすか

2011.08.03.14:23

韓国語を最初にやったのはだいぶ前で、その頃はほとんどいい学習書も辞書もなかったですね。在日の人が学ぶのが主流で日本人ではきわめてマイナー言語でした。たぶん変わってきたのはソウルオリンピックの時で、それから韓流ドラマのブレイクがあって一気にメジャーになったわけです。

たぶん今は、第二外国語としては中国語に続いて第二位になってると思います。フランス語、ドイツ語などのヨーロッパ系言語の方が少ないでしょうね。学習書の数とか見ればだいたいわかりますし。

なぜ私が韓国語にその後あまり上達していないかと考えると、ネックは単語力だと思います。いかにして語彙を増やすかですね。外国語学習者は必ずその問題にぶつかりますが、これはまた語学学習のうち最もおもしろくない部分でもあります。そこをどうやってクリアしていくか対策を練らないといけないですね。

やり方は英語勉強法の出てるのと基本的には同じでしょう。安河内さんは「スパイラル方式」をすすめていますがそれが妥当なところでしょう。

単語集をやるのはややスポ根的な勉強なので、できれば対訳の読解教材を繰り返すことで自然に増えていくのを狙いたいところではあります。調べてみるとそういう教材は最近かなり出ているようです。英語にもそういうのがあり、人にはそのような本を使うのをすすめていますが(CDつきテキストの読解、リスニング、音読、暗唱)、自分もそのやり方でやるのがよさそうです。ただ、どうしても基本単語に穴が出てくるのでその確認の意味で単語集をやるのは無駄ではありません。6割以上はわかるのを選ぶのがいいですね。キクタンが韓国語版もあるのでそれでしょうか?
関連記事
プロフィール

SH

Author:SH
東京大学大学院総合文化研究科出身。現在、地方の公立大学教授。第二言語習得研究・音声学等の知識をもとに25年以上にわたり英語教育に携わる。
TOEIC990点。
英語のほかいろいろな言語をやってみました。フランス語・ドイツ語・中国語も本を読むことはできます。現在は中国語とロシア語を学習中で、自分の外国語学習理論による多言語習得をめざしています。ハングル能力検定3級合格。

このブログのコメントは承認制にさせていただいています。コメントの掲載については管理者にご一任ください。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
 
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。