スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOEFL導入案、最終提言に盛り込まれず

2013.05.31.11:21

教育再生実行会議の第3次提言が出まして、だいたい素案通り、TOEFL導入は後退した状態で終わったようです。
高校現場出身の委員のがんばりに感謝です。

そもそも今回の話は財界から出ているのですが
財界の意向というのは、だいたい、自由主義、エリート養成実力主義に傾きます。
上を引き上げようとするが、その他の上に上がれない人たちのことはあまり顧慮しない、という教育にならないよう注意しなければなりません。TOEFL導入はまさにその発想でした。

今までの英語教育が「知識」レベルに止まっていて「使える」形になっていないという批判には、一定の妥当性があります。
ただ残念ながら、「ではどうすればいいのか」という部分で、あまり知恵が出てきていません。
ネイティブスピーカー教員を増やせとか、教員の英語力向上、会話中心とかいいますが
「インプットを増やす」「インプットをアウトプットに結びつける」という原則が出てきて欲しかった。
そもそも、その必要なインプット量を満たし、かつ、それを使えるように持って行くための音読・シャドーイング等の定着活動を行うには、今の授業時間は足りるのか? ということを考えてみる必要があります。
つまり、「使える」ようにするためには、「読解」だけでよかった授業にくらべて、扱う英文の量は少なくならざるを得ないですし、難度も、読解だけに特化した時のようには、同じ授業時間では上に行けなくなります。

ですから、「今までより英語の難度は下げてもいいから、それを確実に言えるようにする」というならわかりますが、その英語の難度を下げず、それを読めるだけでなく言えるようにもしろ、というのは、授業時間を二倍か三倍にしないとありえない話です。
ですから、その英語の難度を大幅に上げてかつ言えるようにするというTOEFLのレベルがいかにむちゃくくちゃなものであるかわかろうというものです。

ごく平均的な人にとって、中学高校の六年の授業で、ようやく今の中学英語が「話せる」レベルに行く、というのが現実的な目標だと思いますので、それより上に行きたい場合は特別に英語を強化したコースを作るしかないと思います。
中学英語が不確かなまま、ずるずると高校でやたらに難度の上がったテキストを与えられて何もこなしきれないままムダに授業時間を過ごしてきてしまった人のいかに多いことか・・
中等教育では、いまの中学英語のレベルが確実に4技能的にできる、ということを達成してもらいたいと考えます。
その基礎があればその上にいくらでも伸ばすことができますから。
スポンサーサイト

TOEFLではなく国の4技能テストを

2013.05.22.23:39

教育再生実行会議の第8回会議における「第3次提言素案」が出ていますが、

大学は、大学入試や卒業認定におけるTOEFL等の外部検定試験の活用、英語による教育プログラム実施等の取組を進め、学生に実践的英語力を習得させ、海外留学に結びつける。外部検定試験については、大学や学生の多様性を踏まえて活用するものとする。また、英語力の優秀な学生には更なる語学の習得も重要であり、例えば、東アジアにおけるグローバル化への対応として、実践的中国語等の習得を目指すことなども有用である。
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/kyouikusaisei/dai8/siryou1.pdf


と書いてありまして、TOEFL「等」になっていますし、一律にやるんだという書き方にはなっていませんね。

http://www.kantei.go.jp/jp/singi/kyouikusaisei/dai7/siryou.html
こちらの、第7回会議に提出された「鈴木委員提出資料」には、TOEFL導入の問題点がまとめられており、国による4技能型テストの作成(韓国のようなものですね)が提言されています。
上の素案は、鈴木委員の意見がきいたのかもしれません。ありがたいことです。

私としてはその方向で政策がまとまっていくことを期待しております。

また、八木委員はやはり、鈴木孝夫氏と同じような主張をしております。第8回の八木委員提出資料をごらんください。その内容も、ある程度は素案に盛り込まれているようです。

なお、小学校からの英語科目設置が明記されておりますが、これは諸外国にならったものですね。

また、

国は、英語教員の養成に際してネイティブ・スピーカーによる英語科目の履修を推進する。国及び地方公共団体は、英語教員がTOEFL等の外部検定試験において一定の成績(TOEFL iBT80 程度等以上)を収めることを目指し、現職教員の海外派遣を含めた研修を充実・強化するとともに、採用においても外部検定試験の活用を促進する。
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/kyouikusaisei/dai8/siryou1.pdf


と、英語教員養成の現状に問題があることは意識されているようですね。

靜哲人『音声指導入門 音ティーチング授業DVD』

2013.05.18.11:07

これ、見ました。アルクから出ている学校専売品で、1万円します(^_^;
当然、校費で買うという設定なのですが。
セットで本もあります。

このDVDのポイントは、50分の高校を想定した靜先生のモデル授業が見られることです。

それと、個別で徹底した音声指導をする映像も入っています。

今まで音声指導をあまりしたことのない教員向けの内容だと思います。

「キーワードから本文を再生する」とか、「とつぜんディクテーション」など、『音読指導ハンドブック』などの本で知っていた活動を実際に見られたのでよかったです。

靜先生といえば「グルグル」ですが、この場面も相当よく見られます。
ただ、グルグルに関しては、これとは別のジャパンライムから出ているDVDの方が詳しいですので、グルグルにこれで興味を持った人にはそれをおすすめします。それを見ると自分でも使えるようになると思います。

英語教育政策にSLAの知見を反映させよ

2013.05.18.10:28

総理官邸による「教育再生実行会議」では、次のような意見も出ています。私もこの方向を支持します。

○ 「TOEFLを大学入試に導入」という提言については、TOEFLが、各段に難易度が高く大学入試で実力差が測定しにくいこと、受験料が高額であり「公平性」の問題があること、テスト設計が異なるため学校の英語教育が形骸化する恐れがあることから、「国産の英語力検定試験」を開発し、大学が選択できるようにすべき。


第7回 教育再生実行会議 配布資料 
資料1 大学教育・グローバル人材育成についての委員の主な意見
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/kyouikusaisei/dai7/siryou.html

また「グローバル人材」については、八木委員の意見に聞くべきものがあるように感じました。
つまり、大学の多様化にあって、グローバル化はすべての大学に要求するものなのか、という視点と、グローバル化とは、グローバル化社会を良しとしてそこに適応するというより「日本文明の生き残り」としてとらえるべきだ、という視点に共感を覚えました。
なおこの視点に立つならば、Vivian Cook による multicompetence のコンセプトが有用だと感じましたが、これが一般にはまったく浸透していないのは残念に思いました。

つまり「日本語や日本文化がよくわかった上で、英語もできる」からこそグローバル社会でのアドバンテージがあるのだ、という視点に立たないといけないだろう、ということです。「英語ができる」だけが偉いのではありません。
八木委員を除いては、その視点が曖昧です。ですから native speaker fallacy が飛び出してくる。でも安倍首相が multicompetence を知ったら賛成するだろうと思います。
なぜかというとグローバルスタンダードとは「仮借なき弱肉強食の世界」なのですから、それは日本の本来的な価値観とはあいいれないですし、日本的価値がこれから世界に必要だということを英語で訴える必要があるのです。

英語と言っても、どういう英語なのか。グローバル化時代の英語というのは、英米のネイティブの英語のことなのか。リンガ・フランカとしての英語なのか。こういう問題意識が、グローバル人材の教育を語る会議からは欠落していたというのは残念でなりません。やはり、誰か応用言語学の専門家を入れて議論すべきだろうと思います。

この会議の委員は、あくまで英語教育については素人です。ですので、ネイティブスピーカーの教員を増やせば英語教育はよくなる、などという単純なことを言っていたり、「幼いうちにやらなければだめ」だの、一般の人がよく思っているステレオタイプな見方が頻出します。

つまりここで言いたいのは、SLAの研究成果が社会的な共有材となっておらず、まったくそんなものが存在しないかのように議論が進行しているという現状があるということです。
たとえば白井恭弘のさんの岩波新書『外国語学習の科学』をいちおう全委員が読んできてから話を始める、などということはできないのでしょうか。
既存の英語教育関係者は、既得権益者と見なされて排除されているのだろうと思いますが、金谷憲さんなど改革したいと思っている人はたくさんいます。しかしそういう人を掘り起こして委員に入れるというリサーチが足りません。

一方では、SLA関係者の責任も問われます。このように、素人集団によって英語教育改革の政策がどんどん進んでいるのに、手をこまねいてそれを見ているだけでよいのでしょうか。
つまり「語学習得についての基本知識というものがある」という認識が社会的に認知されておらず、そういう知識なしに素人が集まって語学教育についての方針を決めてもいい、という文化ができているということに危惧を覚えるわけです。

SLA関係者は、もっと政策にその知見を反映させるよう、行動するべきだと思います。

たとえば、英語教員免許にその知識を必須とするとか、そういう改革も必要ですし。

学界関係者は早急に意見を集約して、代表者が官邸か文部科学省を訪れて申し入れをするくらいの行動力を示したらいかがですか? なんのためにそういう学者がいるのか考えればそうなりますよね。

白井さんのスローガン、「多量のインプットと少量のアウトプット」というフレーズだけでも共有財産としてあるなら、だいぶ違ってくると思います。

その原則にしたがい、かつ日本の教育現場で実行可能な方法とはどういうものか、という具体論に入っていく必要があります。
具体的にはこのブログでも、過去に、

・多読などによりインプット量を圧倒的に増やす
・理解した英文を音読/シャドーイング等により定着させる活動をする
・音声面の指導をしっかり行い、音声を聞きまねることをメインの活動とする

ということを考察しました。
ネイティブスピーカーや一部のスーパー教師でなければできない授業法では意味がありません。誰でも少し研修を受ければできるやり方で、訳読ではない授業スタイルを研究していくことが現実的には非常に重要になります。金谷憲さんのグループの取り組みはその意味でもっと広まらないといけません。

高校英語授業を変える!  訳読オンリーから抜け出す3つの授業モデル (アルク選書シリーズ)高校英語授業を変える! 訳読オンリーから抜け出す3つの授業モデル (アルク選書シリーズ)
(2011/11/18)
金谷 憲、高山 芳樹 他

商品詳細を見る


大学入試に関しては、読解はセンター試験レベルまでで、それ以上に難しい英文を読めるようにするよりは、その分をほかの3技能に回し、高度な読解は必要に応じて大学で教育すればいいでしょう。大学入試が、リーディングのみを突出して難しくして4技能のバランスが崩れていることが問題なのです。ですからTOEFLはその意味でも混乱を増すことになりかねません。今のセンター試験を4技能バランス型に変えれば相当よくなるだろうと思います。それを国で作る方がTOEFL導入よりよいというのが私の意見です。

あとは英語教員養成の問題があるだろうと思いますが、それはまた別の機会に。

最後に。英語教育再生会議があれば、門田修平さん・金谷憲さんを委員に推薦します。(白井さんはアメリカ在住ですからねえ)。

中高英語教員の英語力の現状

2013.05.18.00:14

先ほどの経済同友会のファイルからです。

kyoin_eigoryoku.jpg
http://www.doyukai.or.jp/policyproposals/articles/2013/pdf/130422a_02.pdf

730点で切るということ自体が調査としてはまだ不足では?
そのうち、800点、900点を取得した人はどのくらいのデータも欲しいところでしょう。
プロフィール

SH

Author:SH
東京大学大学院総合文化研究科出身。現在、地方の公立大学教授。第二言語習得研究・音声学等の知識をもとに25年以上にわたり英語教育に携わる。
TOEIC990点。
英語のほかいろいろな言語をやってみました。フランス語・ドイツ語・中国語も本を読むことはできます。現在は中国語とロシア語を学習中で、自分の外国語学習理論による多言語習得をめざしています。ハングル能力検定3級合格。

このブログのコメントは承認制にさせていただいています。コメントの掲載については管理者にご一任ください。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
 
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。