スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この夏はオンライン英会話

2010.07.09.22:53

夏は集中的にオンライン英会話で話してみようと思ってるわけです。で、いろいろなスクールのページを見て、講師の音声を聞いてます。

だいたい、フィリピン講師とネイティブ講師に大別されるわけですが、どちらをとるかは、ニーズの違いだと思います。英米に留学とか滞在するとかならネイティブ講師となるでしょうが、特に英語圏の国と深い繋がりがないときにはノンネイティブ講師でもいいということですね。ただ、フィリピン講師の英語の発音は、人によってかなり差があります。これは、フィリピンで普通に話されている英語を話すのか、それとも専門的に発音をよくするトレーニングを受けているか、の差ではないかと思います。

レアジョブの講師はほとんど前者なので、発音は(英米の標準発音になれている耳には)聞き取りにくいものがけっこうまじっています。フィリピンでも英語講師の資格を持っている人の場合は、発音はノンネイティブとしては問題なくきれいです。

いろいろ英語を聞いてみて、ちょっとレアジョブはばらつきが大きいように感じました。安くても発音がきれいな人をそろえているスクールもあるので、自分で聞いて確かめてみるといいです。はっきり言ってしまえば、レアジョブよりも「南の島」だとかスカイトークなどの方が、講師の発音は全体的にいいような感じでした。


で、これはオンラインに限らず、英会話スクールを使う場合の一般的な心得ですが、

「スクールだけでできるようになる」とは思わない、ということです。
リスニング、リーディングなどのインプット、文法学習、発音のセオリーなど、自分でできる勉強は全部自分でやる、スピーキングだけは相手が必要なので、その部分を補うものとして考える、これが基本的な考え方でしょう。

英語がノンネイティブとしていちおう完成するには2000時間がめどなのですから、その時間を全部マンツーマン授業でこなす、というのは、いくらオンライン英会話が安くてもよほどのお金持ちでなくてはね。

とにかくに日本人に足りないのはインプットの量とスピーキングの練習機会です。二つとも量の問題です。それをいかに安くこなすか、という発想ですね。リスニングはあまりお金がかかりませんがスピーキングが問題だったわけです。そこにオンラインスクールの意義がありますね。

授業料の高いリアルな通学型英会話学校の意義が問われてくるかなあ・・という気がします。
また「ネイティブ講師でなければいけない」という思い込みも、問われてくるでしょう。
同時に、日本にいるノンネイティブの英語講師も成り立たなくなってくるでしょう。というのは、日本で仕事をしている以上、ノンネイティブ講師といっても時給300円や500円にするわけにはいかないわけです。それほどの差がないならばネイティブ講師を選択してしまうでしょう。

オンライン英会話の価格破壊で、日本の英語教育界が変わっていくのか、そこはやはり興味深いです。
スポンサーサイト

レアジョブ社長ブログ

2010.07.06.00:43

レアジョブを起業した社長さんのブログを見つけたんで、ちょっと読んでいました。なかなか面白いです。
情熱が感じられて、気持ちよかったですね。

レアジョブですが、そろそろ実際に体験してみようかなと思ってます。ただ、毎日レッスンを受けるってのはけっこう大変かもしれませんが・・

英語教育については、これを読んでから語るべし

2010.07.01.19:57

この前書いた「日本の英語教育がマイナスにしかならない」とかいう記事のブログを見ると、まあいろんな人がいろんなコメントを載せていますが・・・まずは第二言語学習研究というものを知った上でものを言うということです。適当に思いついたことを言い合うだけでは生産的ではありませんね。

まず叩き台としての基本知識を共有した上で、それを議論するのが大事だと思います。

というわけで、こちらは、英語(外国語)教育に関心を持つすべての人に読んでおいてもらいたいものです。

外国語学習の科学―第二言語習得論とは何か (岩波新書)外国語学習の科学―第二言語習得論とは何か (岩波新書)
(2008/09/19)
白井 恭弘

商品詳細を見る

英文法学習のおすすめコース・おすすめ本紹介

2010.07.01.19:48

というわけで、英文法学習のおすすめとしてましては(大人がゼロから復習することを想定しまして)

とりあえず、欠点はありつつも、『基本にカエル英語の本 英文法入門』をレベル1~3まで通読。覚えなくて良いので、とにかく読み通す。
次に、くもんから出ている『スーパーステップ 中学英文法』も通読。

そのあと、Basic Grammar in Use です。全部英語ですが、ワークブック形式になっているので、ひたすら埋める。

で、それから機会をみて、大西泰斗さんの『ハート感じる英文法』のDVDをみる、そして、できればその続編の『会話編』と『英語塾』も。
またできたら田中茂範さんの『キーワードで英会話』のDVDもみる。もし理解できるなら『チャンク英文法』。

これによってイメージ的に文法をとらえる目ができます。それからもう一冊、大西さんの『ネイティブスピーカーの英文法絶対基礎力』もおすすめします。

辞典は『エクスプレスEゲイト』か『Eゲイト』を買いましょう。コアイメージの解説が載っています。

田中さんの『イメージでわかる単語帳』と、大西さんの『英単語イメージハンドブック』を買いましょう。基本単語のイメージ理解は文法の理解にも役立ちますし、大西さんのは文法事項のコアイメージも出てますよ。

たとえば現在完了のイメージは have という動詞のコアイメージと密接に関連しているわけです。

こういうイメージ的なところをしっかり教えないといけないと思いましたが、今のところこういうイメージからの文法本は、大人向きに限られており、中高生、本当の初心者を対象にしたものはありません。

やはり学校英語が変わらないと根本的には駄目なのですが・・イメージ的な解説を入れていくというのは今の枠組でもすぐできることなので、現役の先生は検討してもらいたいものです。

オンライン英会話スクール(2)

2010.07.01.19:26

前に、「フィリピン講師もあまり癖はない」などと書きましたが、それは、アルクオンライン英会話の場合でした。他の安いところの音声サンプルを聞くと、それなりになまりはあります。ちょっと聞き取りしにくい感じの人もいます。

「この英語はなまっているのかどうかわからない」という人は、CDなどで標準発音に慣れるのと同時に、多少高くても信頼できるスクールを選んだ方がいいかもしれません。
英語を話さねばならぬが、話す相手はネイティブではないという場合は、安いところのフィリピン講師でもいいと思います。
プロフィール

SH

Author:SH
東京大学大学院総合文化研究科出身。現在、地方の公立大学教授。第二言語習得研究・音声学等の知識をもとに25年以上にわたり英語教育に携わる。
TOEIC990点。
英語のほかいろいろな言語をやってみました。フランス語・ドイツ語・中国語も本を読むことはできます。現在は中国語とロシア語を学習中で、自分の外国語学習理論による多言語習得をめざしています。ハングル能力検定3級合格。

このブログのコメントは承認制にさせていただいています。コメントの掲載については管理者にご一任ください。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
 
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。