スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どうすれば話せるようになるのか

2013.02.22.00:37

木村達哉さんの、中高生向けの学習法『ユメ勉』ですが、
いちばんの要点は、習った英文を、「音読→暗唱→暗写」でインテイクすること、であるようです。
ここには英作文のことも載ってますが、スピーキングについてはあまり触れてませんね・・
ですが、スピーキングとはいわば瞬間英作文なのですから・・
逆に、『パワフルメソッド』の方では、ライティングという項目がありません。

そもそも「話せるようにするにはどうすればいいか」というので、「英会話の授業をたくさん受ければいい」と思っている人が多いんですね。
だからこそ英会話学校が繁盛しているわけです。
ですが、私たち英語のプロで、英会話学校で会話ができるようになると本気で信じている人はまずいないと思います。教える訓練をほとんど受けていない人がたくさんいることも知っています(余談ですが、地元のソフト整体のお店のHPに、「施術スタッフ募集。未経験者可」というのが載ってましたが、未経験者を採用して、ちょっと研修してすぐ現場に出すわけですね。そういうお店に行きたいと思いますか。でも免許を持ったマッサージ師のお店と同じ値段ですよ)。
あれはあくまで、そこに行けば会話ができるようになると思わせることで成り立っている商売である、と考えています。
大学の方でも、英語が専門じゃない人は、「話せるようにさせたいから英会話の授業をたくさん作ろう」などと考えがちです。自分が英語を習得した経験がないとそういうふうに発想してしまうのが日本人としては普通なのですね。
そうではない、まずインプット→インテイクがないと始まらない、ということを理解してもらうのに苦労します。
英会話学校に行くなら、ある程度自分の言いたいことが言えるような上級者になってこそ効果があります。
ほとんど何も英語が出てこない段階で会話の授業など受けても大して伸びません。
それよりも地道にインプット・インテイクを繰り返す。
ただ木村さんも強調するところなんですが、インプットをしていく際に、将来この英語を発信していくぞ、という気持ちでやるということです。
つまり、「意味がわかる」という段階で終わらせず、「言える」という段階まで持って行く。それが、音読・暗唱であるということです。

ただ、木村さんは多読についてはあまり触れてません。「やさしいものを大量に読む」という発想はあまりないようです。
そこをちょっと補うとよいのではないでしょうか。
つまりある英文を徹底して音読・暗唱・暗写まで持って行く学習と平行して、やさしめの英文を多読することをやっていくとよい、ということなのです。

スピーキングのための秘訣として、木村さんは特に「使える言葉のデータ量で決まる」と言っています。その前提の上で、使う機会を増やすのだ、と。
要はそういうことになりますね。
白井さんが「初級はインプット100%でもいい、進むにつれてアウトプットを30%まで増やす」と言っているのもこれと対応します。最初はデータ量がないのだから「話せ」と言っても無理、だんだんデータベースができるにつれて発信を意識していく、という流れです。
ですのでネイティブ講師というのは上級になるほどいいのです。中学英語も怪しい人がネイティブに習っても全くの無駄。英会話授業そのものが無駄。先にやることがあります。
インテイクしながら自分でも文を作ってみる、という活動を音読・暗唱の合間に入れていくという感じでアウトプットをはさめば十分ではないかと思います。
ですから私は初級者に対しコミュニケーションの授業などというものには反対です。あくまで4技能総合の授業にすべきです。アウトプットに特化した授業を50分とか90分とかやるのは効果的ではないと考えます。

それからと、現在では、スカイプ英会話が、英語を実際に使ってみる場として有力なツールなのですが、木村さんはこれに触れてないのは、残念ですね。
高校生くらいから少しずつスカイプ英会話をやるといいと思います。
ただしこれだけで英語が上達すると思わず、あくまで実践の場を求めるということです。
他に何の勉強もせずスカイプ英会話だけで上達しようというのは効率の悪いやり方だと思います。

従来型の英会話学校は先にも言ったように上級者になってフリートークがある程度できるような人には使いようによって役に立つと思います。初級者にはあまり意味はないです。

上級者であっても、ネイティブにこだわるのでなければ、スカイプで十分だと思います。私も、周囲に英語を話す人がいないので時々スカイプ英語をやって感覚を取り戻すようにしてます。

まとめますと、スピーキングの上達は、単語や文法を別としますと、
1.読解し、それを音読・暗唱・暗写(場合によってはディクテーション、シャドーイングなども)で、徹底してインテイクする。必ずCDを活用しリスニングをのばすのと同時並行で。
2.それと平行してやさしい英語を多読していく。
3.ある程度英語のデータベースが頭の中にできたら、時々スカイプ英会話を使って実地練習をする。

これが私の理想とする学習法の組み合わせです。

もしそれをカリキュラムとして組むならば、

音読・暗唱・暗写、ディクテーション、音声指導などいろいろ行う総合英語のクラス
やさしい英語をたくさん読む多読クラス
スカイプ英会話を組み入れたマンツーマンのアウトプット機会

こんな感じでいくと理想的だと思います。こういう総合的なもので話す力が出てくるので、会話の授業を闇雲に増やせばいいというのは、英会話学校に行けば話せるようになると信じている人の考えることですね。

木村さんは、本当に上達したかったら、英会話学校ではなくて「通訳養成系の学校」に行きなさい、とすすめています。
これはいいアドバイスだと思いますね。本当に力がつくのはそちらです。
実際私も、若い頃にそういう学校に行っておくとよかったな、と思うことがあります。

今井康人さんの本も、音読・暗写・多読の効果について述べてますので一読をお勧めします。教員向きではありますが、学習法について示唆を与えます。

英語力が飛躍するレッスン―音読・暗写・多読のメソッド公開英語力が飛躍するレッスン―音読・暗写・多読のメソッド公開
(2009/02/21)
今井 康人

商品詳細を見る
スポンサーサイト

ソレイシィさんの英会話の本

2012.03.21.19:24

ソレイシィさんの新刊ですね。
こちらは、「いただきます」とか「いってきます」など、日本語でよく使うが英語では対応する表現のない言い方に、いちばんニュアンス的に近い英語は何か、という視点でいろいろ紹介しています。
またそれだけでなく、既刊本のように、簡単で自然な言い方は何かということもたくさん知ることができますね。

英会話きちんとフレーズ100英会話きちんとフレーズ100
(2012/01/25)
スティーブ・ソレイシィ、ロビン・ソレイシィ 他

商品詳細を見る

実際、ドラマなどを見ていると出てくるような表現もたくさんあります。

そういう、「話し言葉ではいちばん普通の言い方」はどういうものか、ということは、ドラマをたくさん見れば(あるいは現地でたくさん会話をすれば)自然とわかってくることもありますが、やはり、一度どこかで習っておくと効率的だと思います。が、日本の学校ではなかなかそういうことを教えてくれません。どうしても、英語を日本語にするという方向に力点がありますからね、学校教育(受験勉強)というのは。ソレイシィさんの本に出てくるような会話例をたくさん中高の教科書に載せるだけでもずいぶん変わるはずなんですが。それで、「訳せるか」ではなくて「言えるか」というテストをすればいいんです。

TOEICに対応する勉強でもそういう会話の基本フレーズみたいなものはあんまりないものです。TOEICはけっこう受験勉強の延長でできるところもあるんですね。受験英語の基礎の上に、リスニングと速読をやればできてくるところがあるので、それがまた、TOEICが日本人向け(日本の英語教育を受けた人向け)ということでもあります。

ソレイシィさんの本のいいところは、「適当なていねいさのレベル」の英語を紹介していることです。よく「ネイティブ」とタイトルにあるような会話の本って、相当に砕けたスラングみたいなものを紹介したりしていて、われわれがいつ使うんだ? という本もありますが、そういうのは、映画やドラマ、文学などを理解するための参考書としてのみ価値があります。
よく、デイビット・セインさんの本なんかでからかわれているのは、とんでもなくぶっきらぼうで失礼な英語だったり、あるいは逆に馬鹿ていねいでおかしい英語だったりするという、「適度なていねいさレベルのコントロール」を学んでいないという日本の英語教育の欠陥の問題ですね。しかしそれは、話すということについて言えばひじょうに重要な優先事項になるのです。

ま、ソレイシィさんの本三冊を読むのにそんなに時間がかかるわけではないので、ざっと読んで、スカイプ英会話で使ったり、あとはドラマとかたくさん見て、それが実際に出てくる状況を何度も見たりするのが、会話の英語を学ぶのに効果的でしょう。

次の二冊もおすすめしますので、この三冊セットで通読するといいです。

ネイティブなら子どものときに身につける 英会話なるほどフレーズ100―誰もここまで教えてくれなかった使える裏技ネイティブなら子どものときに身につける 英会話なるほどフレーズ100―誰もここまで教えてくれなかった使える裏技
(2000/04/10)
スティーブ ソレイシィ、ロビン ソレイシィ 他

商品詳細を見る


英会話ペラペラビジネス100 - ビジネスコミュニケーションを成功させる知的な大人の会話術 [CD2枚付]英会話ペラペラビジネス100 - ビジネスコミュニケーションを成功させる知的な大人の会話術 [CD2枚付]
(2002/03/16)
スティーブ ソレイシィ、Steve Soresi 他

商品詳細を見る


ただまあ、自分は会話なんてまったくいらない、読めさえすればいいんだという人は、こういう勉強は必要ありません。TOEICにも出ませんし。
が、三冊読むだけなので、せっかく英語がある程度できる人は、知識として知るのは無駄ではないと思います。

You are mean.
You are being mean.

この違いをわかるということは、けっこう大事なことだと思うのです。

また、「ていねいな言い方」をもっと知りたい人は、次のもお勧めします。

敬語の英語敬語の英語
(2005/12/05)
デイヴィッド セイン、佐藤 淳子 他

商品詳細を見る

知られざる英会話のスキル20

2010.11.25.23:42

知られざる英会話のスキル20(CD BOOK)知られざる英会話のスキル20(CD BOOK)
(2010/06/25)
日向清人、狩野みき 他

商品詳細を見る


この本は、かなりいいな~ と思いました。
ある程度英語ができる人向けですが、実際の会話で多用する「つなぎのことばの定型」がたくさん紹介されています。実際、こういう決まり文句を知らないためになかなか円滑に話が進まないことって多いんですね。単純にフレーズばかりが収集されている会話本とはひと味も二味も違います。というのはアカデミックなディスコース分析の成果が取り入れられているのですね。かなりのおすすめです。

この夏はオンライン英会話

2010.07.09.22:53

夏は集中的にオンライン英会話で話してみようと思ってるわけです。で、いろいろなスクールのページを見て、講師の音声を聞いてます。

だいたい、フィリピン講師とネイティブ講師に大別されるわけですが、どちらをとるかは、ニーズの違いだと思います。英米に留学とか滞在するとかならネイティブ講師となるでしょうが、特に英語圏の国と深い繋がりがないときにはノンネイティブ講師でもいいということですね。ただ、フィリピン講師の英語の発音は、人によってかなり差があります。これは、フィリピンで普通に話されている英語を話すのか、それとも専門的に発音をよくするトレーニングを受けているか、の差ではないかと思います。

レアジョブの講師はほとんど前者なので、発音は(英米の標準発音になれている耳には)聞き取りにくいものがけっこうまじっています。フィリピンでも英語講師の資格を持っている人の場合は、発音はノンネイティブとしては問題なくきれいです。

いろいろ英語を聞いてみて、ちょっとレアジョブはばらつきが大きいように感じました。安くても発音がきれいな人をそろえているスクールもあるので、自分で聞いて確かめてみるといいです。はっきり言ってしまえば、レアジョブよりも「南の島」だとかスカイトークなどの方が、講師の発音は全体的にいいような感じでした。


で、これはオンラインに限らず、英会話スクールを使う場合の一般的な心得ですが、

「スクールだけでできるようになる」とは思わない、ということです。
リスニング、リーディングなどのインプット、文法学習、発音のセオリーなど、自分でできる勉強は全部自分でやる、スピーキングだけは相手が必要なので、その部分を補うものとして考える、これが基本的な考え方でしょう。

英語がノンネイティブとしていちおう完成するには2000時間がめどなのですから、その時間を全部マンツーマン授業でこなす、というのは、いくらオンライン英会話が安くてもよほどのお金持ちでなくてはね。

とにかくに日本人に足りないのはインプットの量とスピーキングの練習機会です。二つとも量の問題です。それをいかに安くこなすか、という発想ですね。リスニングはあまりお金がかかりませんがスピーキングが問題だったわけです。そこにオンラインスクールの意義がありますね。

授業料の高いリアルな通学型英会話学校の意義が問われてくるかなあ・・という気がします。
また「ネイティブ講師でなければいけない」という思い込みも、問われてくるでしょう。
同時に、日本にいるノンネイティブの英語講師も成り立たなくなってくるでしょう。というのは、日本で仕事をしている以上、ノンネイティブ講師といっても時給300円や500円にするわけにはいかないわけです。それほどの差がないならばネイティブ講師を選択してしまうでしょう。

オンライン英会話の価格破壊で、日本の英語教育界が変わっていくのか、そこはやはり興味深いです。
プロフィール

SH

Author:SH
東京大学大学院総合文化研究科出身。現在、地方の公立大学教授。第二言語習得研究・音声学等の知識をもとに25年以上にわたり英語教育に携わる。
TOEIC990点。
英語のほかいろいろな言語をやってみました。フランス語・ドイツ語・中国語も本を読むことはできます。現在は中国語とロシア語を学習中で、自分の外国語学習理論による多言語習得をめざしています。ハングル能力検定3級合格。

このブログのコメントは承認制にさせていただいています。コメントの掲載については管理者にご一任ください。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
 
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。