スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

来年TOEIC授業の教科書

2013.12.02.22:35

来年度から始まるTOEIC授業について、いろいろ検討してきましたが、ついに教科書を決定し、シラバス案ができました。
その中から、教科書をご紹介します。

ヒロ前田さんも言っていたとおり、「TOEIC対策の大学用教科書にはゴミが多い」のです。
もちろん、市販のTOEIC対策本にも、あんまり対策になっていない本は多いので、ヒット率は2割か3割ではないかと思われます(それでも多すぎる見積もりかも知れませんが)。
ところが大学教科書になるとさらにヒット率は異様に低くなり、1割以下と言っても過言ではないですね。
なぜかというと、「大学関係者は実際のTOEICを知らないし、あまり受けたことがないし、対策法の勉強もあまりしたことない」ということらしいのです。
大学の専任教員でTOEICのプロと呼べる人は、西嶋さん、神崎さん、高橋幸治さん、塚田さん・・など、数えるほどしかいません。
まあ、TOEICに詳しくなっても別に業績として評価されるわけではない、というしくみになっているからですね。神崎さんだってTOEIC関係の著作が認められて専任になってるわけでもないようです。大事なのは研究論文だというわけです。

大学教科書の中で、使える数少ない本の一つが、『書き込みドリル』シリーズの教科書版です。
最近注目されている『書き込みドリル』ですが、それから解答を省き、教科書仕様にリメイクしたものがあります。
今回はそれを使用する予定です。

前期はまず『全パート』版の、Mastery Drills for TOEIC Test All in One を使います。
これをやりつつ、副教材として『公式問題集 Vol.5』をとりあげます。

後期は、Mastery Drills for TOEIC Test Reading と、Grammar の2冊です。
さらに継続して公式問題集の5です。

これとともに、単語集を用いますが、これは、最近出たばかりの『やたらと出る英単語クイックマスター』を採用することにしました。
これは、例文一つに3つの単語が入っているというDUOみたいな作りです。さらにダウンロードできる音声がすごくて、4種類もあります。例文+日本語+解説つき、例文+日本語、例文、さらに単語のチャンツ、とあって、段階を追って耳からの学習ができますね。
またどうしても単語学習は単調になりがちですが、ここではテーマごとに例文がまとめてあって、多少とも、文脈から覚えるような形に近くしてあります。

実はこれは、Hummer さんの強力なおすすめにより、決定しました。
彼はこの本を、今までの初心者向けTOEIC単語集の中で最高峰、と断言しました。

なお、音声の基礎知識を補う必要があります。基本でありながら高校までちゃんと教えられていないことが多いからです。一回やっておけばあとで役に立つと思います。
これには、野中泉『脱カタカナ英語の処方箋』を用います。

そういうわけで、前後期とも4冊という、お金のかかるものとなってしまいましたが、ものごとを始めるには道具をそろえる必要があるのですから、こういうところでけちらないほうがいいのです。必要なものは買いましょう。

できれば電子辞書なんかも用意したいですね。
その場合、英英辞典も入っているといいでしょう。
欲を言えば、紙の辞書と電子辞書と両方です。紙の辞書は、基本語について「読む」ものとして使います。
英英辞典は、Longman, Oxford, Cobuild の学習用のならどれでもいいと思います。

さらにさらに・・できれば、大西さんの『一億人の英文法』や『英単語イメージブック』も読んでもらいたいし、田中さんのも・・などと言っているときりがないので、そこは「参考書リスト」に留めておきます。

TOEIC授業の教科書選定、シラバス作成に当たっては、Hummerさん(濵﨑潤之輔さん)のご協力をいただきました。
もちろんTOEICのプロの方ですので、報酬をお支払いします。
TOEIC授業をどうするか困っている方は、一度相談してみるといいと思います。
ご親切に、いろいろと特典をつけていただきました。


TOEIC(R)テストやたらと出る英単語クイックマスター  【音声DL・赤シート付】 (TTTスーパー講師シリーズ)TOEIC(R)テストやたらと出る英単語クイックマスター 【音声DL・赤シート付】 (TTTスーパー講師シリーズ)
(2013/10/28)
テッド寺倉、上原ちとせ 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト

TOEIC対策良書の出版社別分析 その2

2013.10.26.13:10

前回に続き、TOEIC対策書の良書について出版社別の分析です。
カウントするだけなので、分析ってほどのことはないですが・・

ヒロ前田さんの監修になる『TOEICテストこれから始めて高得点を狙う本』(アルク)です。
前回の、『このTOEIC本がすごい!』と並んで、現在のTOEIC本ガイドとして有用です。

結果は・・

アルク      17冊
朝日新聞出版   5冊
ジャパンタイムス 4冊

あとはすべて1冊か2冊で、

2冊: アスク出版、コスモピア、桐原書店、スリーエーネットワーク、国際ビジネスコミュニケーション協会
1冊: U-CAN、語研、講談社、中経出版、語学春秋社、東進ブックス、小学館、講談社インターナショナル、成美堂出版、学研教育出版

となります(「その他」のジャンルは除きました)。

ここでもアルク圧勝ですね。
もちろんこの本自体がアルク発行という点は割り引く必要はありますが・・
それでも、アルクは「有名著者を集めている」ということは言えるのではないかと思います。



TOEIC(R)テストこれから始めて高得点を狙う本 (アルク地球人ムック)TOEIC(R)テストこれから始めて高得点を狙う本 (アルク地球人ムック)
(2013/04/30)
ヒロ前田

商品詳細を見る

TOEIC対策良書の出版社別分析

2013.10.06.10:38

さて、いま、TOEIC対策本のガイドとしてベストなのが、濱﨑潤之輔『このTOEICテスト本がすごい!』だと思いますが、そこにのっている本を出版社別にしてみるとどうなるか、調べてみました。ただし、TOEICと直接関係のない「その他」のジャンルは除きました。47冊になります。

そうすると・・

アルク   15冊
朝日新聞出版 7冊
ピアソン桐原 6冊 (ピアソンと桐原書店を同一と見なす)
アスク出版  2冊
コスモピア  2冊
ジャパンタイムズ 2冊
中経出版   2冊
ベレ出版   2冊
国際ビジネスコミュニケーション協会 2冊
こう書房  1冊
講談社   1冊
語研    1冊
祥伝社   1冊

なんと、アルク圧勝!
あまりのダントツぶりにびっくりです。
あと、朝日の「特急シリーズ」がたくさん入りましたね。

ここまで明快だと、出版社ブランドもある程度参考になるということです。

いつも書店のTOEICコーナーに行くと必ず、黒っぽい表紙のJ○○○○出版の本が大量に置いてあるのですが、TOEICブックガイドでその名を見たことがありません。


このTOEICテスト本がすごい!このTOEICテスト本がすごい!
(2013/05/24)
濱崎 潤之輔

商品詳細を見る

大学のTOEIC授業はどうなのか?

2013.08.22.22:23

来年からTOEIC授業を担当するのでいろいろ調べております。私はある程度TOEIC対策の本を見て、TOEIC対策法の現状について基本は理解したつもりですが、そこからすると、大学のTOEIC授業は「?」という感じを抱くことがあります。それは、WEBで見ることができるシラバスや、見本として見た教科書を見ての感想ですね。これでいいの? と思っていたら、ヒロ前田さんによる次の記事を見つけました。

疑問38 なぜ、大学のTOEIC教科書はゴミなのか

これは、やっぱりという感じです。しかし、大学での大部分のTOEIC授業はそういう教科書を使って行われているわけではないですか。ということは教科書だけでなくその授業もまたゴミに近いことになりはしないでしょうか?

そういういい加減な教科書で問題演習をしたところでどうなるというのでしょうか。

ということで、今のところ信用できそうなもので発見しているのは、桐原書店による『書き込みドリル』シリーズを教科書化した(つまり答えのついてないバージョンにした) Mastery Drills シリーズだけですね。ほかにも見つけたい(特にもう少し上のレベル用)のですが、なかなか難しいです。

というわけで、大学のTOEIC授業もいい加減なもの(TOEIC対策という視点から見て)が多いらしいことがわかったのですが、TOEIC対策をちゃんとしているところとして信用できそうなのが明海大学HT学部です。去年までTEX加藤さん、今年は浜崎さん、早川さんの名前も見えますし、そこの主任の白津さんもTOEICがわかっている人でしょう。で、ここのシラバスに注目したのですが、公式問題集と『出る順990』が使われていましたね。上級クラスではイクフン本もありました。

最近では、TOEIC対策をうたっているEラーニングもあるのですが、そこの問題が、どのくらい正確にTOEICを理解して作られているのか、ちょっと恐いです。たとえばそこに「神崎正哉監修」だとか「問題協力ヒロ前田」などと入っていれば信用もできますが、誰が問題を作ったのか何もクレジットがないEラーニングシステムは恐くて使えませんねえ。

このヒロ前田さんの記事は、「大学用TOEIC教科書のほとんどは使えないのではないか」という私の疑問を裏書きしてくれました。
まあ、かなり前(2007年)の記事ではあるのですが・・ その後、よい教科書が続々と出ているのでしょうか? そうでもないような・・ 「TOEIC本は著者名で選ぶべし」が基本ですからね。それはつまり、TOEICをよくわかってない人が書いているTOEIC本がはなはだ多い、というTOEIC商戦の現状があります。

そこで、教科書の体裁にこだわらず、定評のある対策本を使わせる方がいいのではないかと思います(私の技量ではまだ、公式を教材にはできないので)。答えがあったっていいじゃないですか。問題の答え合わせを授業のメインにするのではなく、音読やシャドーイングなどの定着練習や、対策の詳しい説明などに使えばいいのです。「和訳先渡し」なのだと思えば、市販本を使えるわけです。

TOEICの大学教科書

2013.08.06.17:17

TOEICのテキストを研究中です。

独習用のTOEIC参考書は、よいガイドブックもあるし、信用できる著者もわかっているので、だいたい選ぶのに苦労しなくなってきましたが、教科書の方はよくわからないですね。
調べてみるとTOEIC対策授業用の大学教科書はけっこう出版されていますが、どれがいいのか情報がないです。
あれこれ見本請求してみるしかないですね。
いくつか見た限りでは、まだこれというものはないです。
あまり、名前を知っている人もいないし、どれだけ本当にTOEICのことがわかって書いているのか、わからないですね。
いまはシラバスをWEBで調べられるので、片っ端からTOEIC授業のシラバスを見ていますが、こういう大学用教科書に準拠してやっている授業が多いです。
なかには、TOEICの語彙対策として、Vocabulary in Use をやります、なんて書いてあるのを見ましたが、おいおいという感じです。

で、教科書と独習本とどこが違うかと言えば、教科書には解答や解説・和訳がついていないということです。
でもどうでしょう? そこには「和訳先渡し」という考え方がないですね。
従来型の授業パターンに、TOEICをあてはめようというスタイルなのでは? という気がしないでもないです。

今、濱崎さんが行ってる明海大学のシラバスでは、公式問題集がテキストになっていました(もう一冊、神崎さんの『出る順で学ぶボキャブラリー990』ですね)。
他大学にも公式をテキストにしている授業を見つけました。

これも一つの考え方です。ただ、目標スコアに応じて、どれを確実に取るべきで、どれは捨ててもいいのか判断する必要があるので、かなりTOEIC対策の知識がないと公式はテキストとして使いこなせないと思われます。

でもまあ、公式にも答えはのってますよね。
答え合わせをした後の英語の定着活動を授業の中心にするなら、答えがあってもかまわないでしょう。
プロフィール

SH

Author:SH
東京大学大学院総合文化研究科出身。現在、地方の公立大学教授。第二言語習得研究・音声学等の知識をもとに25年以上にわたり英語教育に携わる。
TOEIC990点。
英語のほかいろいろな言語をやってみました。フランス語・ドイツ語・中国語も本を読むことはできます。現在は中国語とロシア語を学習中で、自分の外国語学習理論による多言語習得をめざしています。ハングル能力検定3級合格。

このブログのコメントは承認制にさせていただいています。コメントの掲載については管理者にご一任ください。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
 
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。