スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

音源提示用に最強のCDプレーヤー

2015.03.19.11:28

去年、「教室での音源提示に Bluetooth」という記事を書いたが、その後、これはだんだん調子が悪くなってきた。どうも bluetooth が不安定になることがある。タブレットも、フリーズすることがあって、そのたびに再起動しなくてはならない。
最初はよかったが、だんだん音飛びも出てきたので、とりあえず、スピーカーとケーブルで接続して外部入力にするなどの方法をとった。

しかし、いろいろ調べてみると、語学学習に特化したCDプレーヤーが出ており、これが現状、いちばんよいのではないかと思える。

ソニーから新しく出た機種は、いろいろ語学に対する工夫がある。

1.MP3が使えること。(最近の語学教材はMP3で提供されることも多い。この機種では、MP3のディスクのフォルダーごとに切り替えも可能)
2.リモコンがあること。(語学のCDではトラックの数が多い。めいっぱい99のトラックがあるのも見たことがある。通常のプレーヤーのように、送りボタンを押して頭出しするやりかたは現実的に不可能で、数字を直接入力できるリモコンが不可欠である)。
3.再生速度を変えられる。(-50%~+50%まで10%ごと。ピッチ変更はなし。特にシャドーイングの練習などでは再生速度のコントロールが役に立つ)。
4.AB間リピートや、ボタン一つで -3秒、+10秒の移動が可能。
5.ボタン類が上部にあり、教室提示で操作しやすい。

とりあえずラジオやタイマーもついてはいるが、メインは語学用として考えられている機種である。
今のところ、これが語学の音源提示用としては最強ではないかな、と考えている。私は教室用のほか、私用にも同じものを使っているくらいだ。

CDを何枚か使い分けるときも、すべてMP3にして一枚のディスクにフォルダーごとに入れておけば、ディスクの入れ替えなしですべて操作できる。大変便利である。


ソニー CDラジオ ホワイトSONY ZS-E80-Wソニー CDラジオ ホワイトSONY ZS-E80-W
()
Sony

商品詳細を見る


アマゾンのレビューにもほぼ同じ内容を投稿した。パクリではありません(笑)
スポンサーサイト

Twitterアカウント開設

2013.08.06.19:54

このブログに関連したツイッターのアカウントを新たに開設しました。
もっぱら受信のためのアカウントではありますが、このブログの新着おしらせのほか、たまに書き込んでいきます。

@SH__English
アンダーバーが2個ですのでご注意ください。

スティーブ・ジョブズのスタンフォードスピーチ

2013.07.27.02:01

これは素晴らしい内容ですね。
こういうので英語を学ぶのは楽しいですよ。
ジョブズで英語を学ぶ本というのは何種も出ていますが、スタンフォード大学スピーチに勝るコンテンツはない、と感じます。


[生声CD&電子書籍版付き] スティーブ・ジョブズ 伝説のスピーチ&プレゼン[生声CD&電子書籍版付き] スティーブ・ジョブズ 伝説のスピーチ&プレゼン
(2012/10/03)
CNN English Express編

商品詳細を見る

ジャパンタイムス社説集

2013.07.24.00:17

こういう教材を手に入れました。


The Japan Times 社説集2012年下半期(CD1枚付き)The Japan Times 社説集2012年下半期(CD1枚付き)
(2013/02/12)
ジャパンタイムズ

商品詳細を見る


なかなか骨がありますね~ CDの音声もかなり速い!
「TOEICを超えて」の世界、つまりTOEICより一段上の英語の世界ですね。
TOEICのリーディング満点近くになってからやるような本でしょうが、「TOEIC卒業者」にはこういう教材をおすすめしたいと思います。TOEICから次の段階への橋渡しになりそうです。

CDのトラックが細かいので使いやすいのもいいですね。

TOEFLではなく国の4技能テストを

2013.05.22.23:39

教育再生実行会議の第8回会議における「第3次提言素案」が出ていますが、

大学は、大学入試や卒業認定におけるTOEFL等の外部検定試験の活用、英語による教育プログラム実施等の取組を進め、学生に実践的英語力を習得させ、海外留学に結びつける。外部検定試験については、大学や学生の多様性を踏まえて活用するものとする。また、英語力の優秀な学生には更なる語学の習得も重要であり、例えば、東アジアにおけるグローバル化への対応として、実践的中国語等の習得を目指すことなども有用である。
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/kyouikusaisei/dai8/siryou1.pdf


と書いてありまして、TOEFL「等」になっていますし、一律にやるんだという書き方にはなっていませんね。

http://www.kantei.go.jp/jp/singi/kyouikusaisei/dai7/siryou.html
こちらの、第7回会議に提出された「鈴木委員提出資料」には、TOEFL導入の問題点がまとめられており、国による4技能型テストの作成(韓国のようなものですね)が提言されています。
上の素案は、鈴木委員の意見がきいたのかもしれません。ありがたいことです。

私としてはその方向で政策がまとまっていくことを期待しております。

また、八木委員はやはり、鈴木孝夫氏と同じような主張をしております。第8回の八木委員提出資料をごらんください。その内容も、ある程度は素案に盛り込まれているようです。

なお、小学校からの英語科目設置が明記されておりますが、これは諸外国にならったものですね。

また、

国は、英語教員の養成に際してネイティブ・スピーカーによる英語科目の履修を推進する。国及び地方公共団体は、英語教員がTOEFL等の外部検定試験において一定の成績(TOEFL iBT80 程度等以上)を収めることを目指し、現職教員の海外派遣を含めた研修を充実・強化するとともに、採用においても外部検定試験の活用を促進する。
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/kyouikusaisei/dai8/siryou1.pdf


と、英語教員養成の現状に問題があることは意識されているようですね。
プロフィール

SH

Author:SH
東京大学大学院総合文化研究科出身。現在、地方の公立大学教授。第二言語習得研究・音声学等の知識をもとに25年以上にわたり英語教育に携わる。
TOEIC990点。
英語のほかいろいろな言語をやってみました。フランス語・ドイツ語・中国語も本を読むことはできます。現在は中国語とロシア語を学習中で、自分の外国語学習理論による多言語習得をめざしています。ハングル能力検定3級合格。

このブログのコメントは承認制にさせていただいています。コメントの掲載については管理者にご一任ください。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
 
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。